【2019年10月9日】体感地震予測※荒々しい風の活性力&地震活動の活発化

今日の地震情報

秋の促進

日に日に「風エネルギー」が増しています。今日は”荒々しさ”を伴うような強い風エネルギー環境となりそうな状況。

「風の活性力」が地震活動などを活性化するものと推測しています。

「台風19号」も猛烈な勢いへと発達。大型な台風ということもあって、明日あたりから、早くも間接的な影響(台風関連の自然エネルギーの到達)が及んでくる可能性がありそうです。

台風が早めに上陸して内陸よりを通過するのか、それとも海沿いを通過するのかによっても、影響力(被害の大きさ)に大きな違いが生じるものと考えられますからね。

台風の進路動向には要注視です。

本日2019年10月9日の地震活動傾向!

本日2019年10月9日は己亥年の「先勝」。そして「アメリカンドックの日」なんだそうです。私・・アメリカンドック大好きです。(笑)

そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(8日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動はありませんでした。地震発生数もさほど変化はなかったのですが、地震活動に活力が増してきているように感じています。

特に「太平洋プレートの動き」が再び深部にて促進されることに。複数の大深発系地震が表面化してきています。

そんな太平洋プレートの動きに関連した地震活動が活性化してきている状況。下記のような中規模地震が発生しています。

*10月9日04時58分 千葉県北西部 M4.1 震度2
*10月8日11時16分 三重県南東沖 M4.3
*10月8日16時31分 父島近海 M4.8 震度1

「千葉県北西部 M4.1」の地震に関しては、一昨日の記事昨日の記事にて、連日「体感感知」があり、関東周辺にて地震活動が活発化してきていること&中規模地震の可能性があることをお話していましたが、そんな体感に対応した地震活動と判断しています。

これからさらに、関東周辺での地震活動が活発化していく可能性がありますので、引き続き、複数の中規模地震が生じてくる可能性も。

注視しておきたいと思います。

本日(2019年10月9日)の地震活動傾向

今日は全国的に「強い風エネルギー環境」となるものと推測しています。

*風の活性力

に”荒々しさ”が加わりますので、「プレート活動」「地震活動」などに変化が生じやすい一日となるものと考えています。

*内陸断層型地震
*太平洋プレートの動きに関連した地震

共に増加傾向となっていくのではと。

地震活動に変化が見られるエリアもあるかもしれませんね。

*地震活動の変化
*地震前兆の有無

を中心に推移をしっかり観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たに地震前兆と思える要素は感じられていません。

ただ、連日、体感感知(耳鳴り系体感、電磁波系体感)できていますので、主に「関東周辺」にて地震活動が活性化してきていることがわかります。

地震前兆の有無に関わらず、複数の有感地震が表面化してくる可能性があるものと念頭にしておいていただければと思います。

「台風19号」の特徴

まだ「台風19号」は遠方に位置していますが、徐々に間接的な影響を感じることができるようになってきました。

そこから推察できるのが

*「台風19号」は、強い風エネルギー台風である

ということです。

風月(10月)ならではの、風エネルギー台風と言えそうです。

ゆえに、「台風15号」の時以上に

*強風・暴風

による影響が大きくなるものと推察。「強風の被害」に要注意となります。

例えば・・

*近隣に工事中の建物がある(足場や工事車両の転倒など)
*近隣にプレハブ建物・倉庫など軽量な建築物がある(屋根の崩壊&飛来)
*活力を失っている樹木がある(倒木)
*地盤が弱っている地域の電柱(傾いている電柱を見かける)

といった生活環境にある場合は、その影響(飛来など)を受ける可能性があることも念頭に、防災準備を整えていただければと思います。

ちなみに「強風」に対しては、「二階」よりも「一階」が安全な場所となりますので、なるべく一階で夜も過ごすようにするなど、「浸水対策」とは逆の対応で。

直接的な被害の他にも、風エネルギー台風の特徴として

*地震活動&プレート活動への影響(活性化・誘発)

に注意が必要となります。

こちらは、台風動向をしっかりと観察の上、台風が過ぎた後に影響の有無などを検証したいと思います。

台風(風台風)に対する準備品

防災準備は、地域特性・生活環境に応じて、必要な要素が異なります。各自、「どんな不便が起きそうか」を想像して、準備を整えておきましょう。

あくまでも、一例ではありますが、昨日の記事にてお話した

*停電対策

の他に、風台風に対しては

*窓ガラスの破損

が生じる可能性は念頭にしておきたいところです。

窓ガラスが破損したときの応急処置に必要となるのが

*段ボール箱
*ガムテープ(布製)

です。この2アイテムは、最低限準備しておきたいものです。

洗えるトートバッグ”ウィローベイ”

今日の地震情報台風, 地震情報

Posted by poppo