関東周辺での群発的地震活動【2020年12月7日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年12月7日】本日の地震活動傾向

【金陰】環境が始動しています。今週は日に日に【金陰】が増していくことに。個人的には徐々に「静電気」が生じやすい環境となることに恐怖を感じております。(苦笑)

本日2020年12月7日の地震活動傾向!

本日2020年12月7日は庚子年の「友引」。そして「クリスマスツリーの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(5日~6日)の地震活動状況

先週末(5日~6日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

先週末は徐々に「東北・北海道周辺」にて低気圧環境下へと移行。その結果、全国的な状況としては、地震発生数がやや減少する流れとなりました。

反面、特定地域では地震活動が促進。活発な動きを見せています。

中でも「東京都・茨城県・福島県周辺」「伊豆諸島周辺」それぞれで地震が活発な状態に。「伊豆諸島周辺」では下記のような中規模地震が発生しています。

*12月6日13時07分 八丈島東方沖 M5.0 震度1

「マグマ活動」「太平洋プレートの動き」の双方に影響を受ける形で生じた地震。海洋部での浅め震源域での地震でしたので、直接的な影響は小さく、今後への影響もないものと判断しています。

ちなみに先週連日「体感感知」がありましたが、それらの体感に応じた中規模地震と判断。レジまぐ版メルマガ上でで経過観察していた下記地震予測の対応地震と判断しています。

*伊豆諸島・房総半島南部沖周辺
*M4.0~M5.2程度
*1日~5日まで

■対応地震の発生
*12月6日13時07分 八丈島東方沖 M5.0 震度1

観察期間中、「関東・伊豆諸島周辺」では二日間ほど抑制力が働く環境となりましたので、その分地震発生までの期間が少し伸びたものと考えています。

また、こちらも連日の体感に対応した地震となりますが、中規模地震にこそ至っていないものの先週末から現時点にまで「東京都・茨城県・福島県周辺」で群発的な地震が発生しています。

多数の微小・小規模地震が発生している状況で下記のような有感地震(小規模)も複数生じています。

*12月7日01時06分 茨城県南部 M3.4 震度1
*12月6日02時22分 茨城県北部 M3.7 震度2
*12月5日16時59分 茨城県沖 M3.7 震度1
*12月5日20時39分 福島県沖 M3.4 震度1

減少としては、上手く地震エネルギーが発散されている状況。そういう意味で危険な要素はみあたりません。

ただ本日も複数の有感地震が表面化してくるものと推察。今後、小さめの中規模地震(M4~M4.5)に繋がる可能性はあるかもしれません。

本日(2020年12月7日)の地震活動傾向

本日(2020年12月7日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今朝も「東北・北海道周辺」を中心に低気圧環境となっています。やや地震が表面化しにくい気象環境が続きそうです。

「西日本」「東日本」では安定した晴れのお天気に。今朝の時点で地震誘発要因は見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。

本日も地震活動が活発な状態で推移しそうなのが下記エリアです。

*東京都・茨城県・福島県周辺
*伊豆諸島周辺

その他二か所ほど地震活動が促進されそうなエリアがあります。(想定)

上記地域では、複数の有感地震が表面化してくる可能性があります。先ほどお話したように揺れる程度の中規模地震も念頭にしておいていただければと思います。

今日以降から徐々に【金陰】の作用が強まっていく見込み。その影響にて「内陸断層型地震」が誘発されやすい自然環境となることが推測されます。

そういう意味で「突発的な内陸断層型地震」は常に念頭にしておきたいと思います。

地震前兆の有無

さ昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。ただ体感的には連日感知できる要素が複数存在。「関東周辺」「伊豆諸島周辺」では地震活動が促進継続しているものと考えています。