やや地震が表面化しにくい気象環境に!【2020年11月2日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年11月2日】本日の地震活動傾向

11月が始まりました。11月は【風陰】環境となります。本格的に【風陰】環境が始まるのは「4日」頃からの見通し。秋が深まる季節に。

本日2020年11月2日の地震活動傾向!

本日2020年11月2日は庚子年の「先勝」。そして「キッチン・バスの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(29日)の地震活動状況

昨日(29日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

先週末も地震活動に大きな変化はなく推移しています。地震誘発要因が見当たらないことから、目立った動きはなし。

中規模地震も下記のみとなっています。

*11月1日12時13分 沖縄本島近海 M4.3 震度2

上記地震はまったく気にする必要がない動き。もちろん今後への影響もないものと判断しています。

昨日あたりから、全国的な傾向として地震活動が減少傾向となっています。

ただ特定エリアにて地震活動が活発化。複数の有感地震(微小・小規模)が発生してきており、今後の推移に引き続き注視しておきたいと思います。

*茨城県・千葉県周辺
*沖縄県・鹿児島県・熊本県周辺

本日(2020年11月2日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は西から前線に伴う雲が推進。全国的に雨・雨模様のお天気となる見込みです。地震がやや表面化しにくい気象環境に。

今朝の時点で地震誘発要因も見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えます。

あまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたい一日に。

個人的には今後の地震活動動向を見極めるために、現在地震活動が促進されている地域及び地震エネルギーが増加しているエリアの推移をしっかり観察しておきたいと思います。

具体には

*大阪府・京都府周辺
*茨城県・千葉県周辺
*沖縄県・鹿児島県・熊本県周辺

などが対象エリアとなります。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特に気になる要素はありませんでした。

お知らせ

11月となりましたので、「11月の地震活動傾向&特性」に関する特別版メルマガを配信する予定です。祝日明けの「4日午前中」に配信したいと思っています。

今話題の脱げないインナーソックス「ココピタ」の詳細はこちら