台風14号の間接的な影響&地震活動の抑制傾向【2020年10月8日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年10月8日】本日の地震活動傾向

今朝はここ神奈川県でも本格的な雨となっています。台風14号と前線が一体化しており、日本列島を覆う環境に。

台風エネルギーこそ、まだ感じられていません台風の間接的な影響が生じていると考えることができそうです。

本日2020年10月8日の地震活動傾向!

本日2020年10月8日は庚子年の「大安」。そして「入れ歯の日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(7日)の地震活動状況

昨日(7日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日も地震活動に大きな変化はなく推移しています。全体的な傾向としては、地震発生数が減少傾向に。台風の間接的な影響が増加するとともに地震抑制力が生じてきているものと感じています。

そんな状況下にて地震活動が表面化傾向となったのが「鹿児島県・熊本県周辺」

先日当該エリアにて急激に【火エネルギー】の変動が高まっており、現在地震活動・火山活動につながっていく可能性に注視している状況です。

中規模地震にこそ至っていませんが、下記のように多数の有感地震が発生しています。

*10月8日00時23分 鹿児島県大隅地方 M2.2 震度1
*10月8日06時14分 熊本県熊本地方 M2.6 震度1
*10月7日13時07分 熊本県熊本地方 M2.5 震度1
*10月7日09時34分 熊本県熊本地方 M3.4 震度3
*10月7日07時25分 熊本県天草・芦北地方 M2.8 震度2

地震活動自体は特に気にする必要はない動きではありますが、【火エネルギー】の変動が地震活動に繋がってきていることは、しっかりと受け止めておく必要があるかと。引き続きの推移に注視しておきたいと思います。

浅部での地震活動が減少(抑制)する中、下記のような大深発系の中規模地震が発生しています。

*10月7日08時02分 遠州灘 M4.6 震度1

まったく気にする必要はない動きで、今後への影響もないものと考えています。

本日(2020年10月8日)の地震活動傾向

本日(2020年10月8日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日はさらに前線の活動が活発化する見込み。「北海道周辺」を除いて本格的な雨のお天気となりそうです。

【水・風】環境が強まり、【水】が活性化されてきています。台風の間接的な影響も高まってきますので、本日は地震抑制力が生じる環境となるのではと推察しています。

本日も地震活動に大きな変化はなく、地震活動は減少傾向(抑制傾向)となるものと推測いたします。基本的にはあまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたい一日に。

ただ「地震抑制力」が想定以上に強まるようだと抑制力の影響がない「北海道周辺」及び「深部」にて反動といった形で地震活動が表面化する可能性は念頭にしておきたいと思います。

今朝の時点では「関東周辺」にて地震抑制力はそれほど強まってはいません。

新たな地震前兆は誘発されにくいと考えていますが「関東周辺」では数日前に地震前兆・予兆が生じている可能性があり、現在推移を観察中。

それらの動きは抑制力に影響されることなく表面化してくる可能性はありますので、推移をしっかり観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特別取り上げるべき要素はありませんでした。

bonny