台風の影響に要注視の週前半に!【2020年9月7日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年9月7日】本日の地震活動傾向

現在「台風10号」は九州北部沖を進行しています。まだまだ午前中いっぱいは「九州・山口県周辺」などにて暴風域となる見込み。引き続き、台風による被害の有無に要警戒ですね。

本日2020年9月7日の地震活動傾向!

本日2020年9月7日は庚子年の「友引」。そして「クリーナーの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(5日~6日)の地震活動状況

先週末は台風9号と台風10号とのわずかな合間にて、「東日本」「北日本」で地震活動が表面化傾向となりました。想定していたよりも、地震活動が早々に活発化した印象です。

有感地震も増加。下記のように複数の中規模地震が発生しています。

*9月5日21時07分 北海道東方沖 M4.5 震度1
*9月5日10時34分 茨城県沖 M4.4 震度2

上記はいずれも、まったく気にする必要はない動き。今後への影響もないものと判断しています。

そんな中、昨日「耳鳴り系体感」を感知することができました。

地震前兆の可能性を念頭にしていたわけですが、本日早朝に早くも体感に対応する中規模地震が発生することとなりました。

*9月7日06時34分 茨城県沖 M5.2 震度3

想定範囲内の中規模地震となっています。

”揺れ方(揺れの伝達状況)”から考えると今後への影響がありそうな気配。台風の影響(台風エネルギーなど)と合わせて関東周辺での地震活動の誘発(中規模地震)を念頭に推移を観察しておきたいと思います。

本日(2020年9月7日)の地震活動傾向

本日(2020年9月7日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も「九州」を中心とした「西日本」では台風10号の直接的な影響を受ける気象環境が続く見込みです。

台風9号の影響が生じる間もなく台風10号が訪れていますので、今後(8日~)はそれぞれの影響が重なる形で地震活動&火山活動の変動・誘発へと繋がっていくものと考えています。

本日に限れば、まだ台風の影響は顕在化しないかと。「西日本」での地震活動は抑制傾向にて推移するのではと推察しています。

対して、台風の直接的な影響がない「東日本」「北日本」では太平洋プレート動に関連した地震活動が表面化傾向となるものと考えています。

こちらも台風の間接的な影響が本格的に表れてくるのは明日(8日)以降となるものと思われますが、本日も複数の有感地震が表面化するもの推測いたします。

特に「関東周辺」では台風の間接的な影響にて不安定さのある自然環境となる見込み。

・台風エネルギーの付与
・火エネルギーの付与
・風エネルギーの付与(活性力の増大)
・金エネルギーの変動

など自然エネルギー関連の複数要素が存在していますので地震活動への影響も強いものと判断しています。

まずは「体感感覚」を中心に地震活動の変化・変動の有無をしっかり観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日「耳鳴り系体感」を感知。関東周辺での地震前兆が生じたものと判断していました。ただ既報の通りに早くも対応地震が発生しています。

現時点ではその他地震前兆などは感知できていません。