自然エネルギーの移行は、明日いっぱいで完了するもよう。現在、水陰エネルギーが主体の環境となってきています。

水陰エネルギーの活力が増す環境下にて、今朝は気温がかなり低まっている様子。関東周辺で5℃以下となっているようです。

”キリッ”と引き締まった青空。これも清々しくて、心地よく感じられます。

本日2019年4月3日の地震活動傾向!

本日2019年4月3日は、「己亥年」の「大安」。令和元年まで、残り28日となります。

そんな今日の地震活動傾向を見ていきましょう。

昨日(2日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動はありませんでした。特に目立った動きもなく、気になる要素は見当たりません。

やや地震が表面化しやすい気象環境となったことから、想定していたように、地震活動は、やや促進傾向となりました。

有感地震の発生数は少ないままですが、微小・小規模地震が増加しています。

特に

*関東周辺(内陸部)
*青森沖・北海道南部沖・東部沖周辺

にて、地震活動が活発化してきています。

太平洋プレートの動きが再び、促進されてきているのかもしれません。プレート動に関連した地震活動が表面化してきています。

そんな中、今朝(早朝)になって、下記のような中規模地震が発生いたしました。

*4月3日05時29分 浦河沖 M4.3 震度2

地震活動としては、まったく気にするひつようのない動き。今後への影響などもありません。

本日(2019年4月3日)の地震活動傾向

今朝も全国的に高気圧の影響下となっています。

本日も昨日同様にやや地震が表面化しやすい気象環境となるかと。地震活動に大きな変動はないものと考えますが、地震活動が促進傾向にて推移するものと推察しています。

特に

*関東周辺(内陸部・茨城沖・福島沖周辺)

での地震活動がさらに促進されていくものと推測。揺れる程度の有感地震も複数表面化してくる可能性を念頭にしておいていただければと思います。

実は、昨日、「強めの電磁波系体感」を感知することができています。

これは関東内陸部での地震活動に変化が生じていることの証として捉えています。

本日を含めて、今後、揺れる程度の中規模地震へと繋がっていく可能性もあるかと。まずは、地震前兆の有無を中心に推移をしっかりと観察しておきたいと思います。

また

*青森沖・北海道南部沖・東部沖周辺

でも、地震活動が促進されていくものと推察。

こちらも揺れる程度の中規模地震の可能性を念頭にしておいていただければと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と判断できる要素は感じられていません。ただ、昨日、強めの電磁波系体感を感知することが出来ています。

関東周辺にて地震活動が促進されており、今後、中規模地震へと繋がっていく可能性もあるものと考えています。

人への自然エネルギー(環境)の影響

”地震活動”などの自然現象は、自然エネルギーが源となって生じるできごと。必然的に、その年、その月、その日の自然エネルギー環境の影響を大きく受けています。

私が地震予測を行う根幹要素となっているのも、「自然エネルギー」なんですよね。

そんな自然エネルギーには、主に下記5つの自然エネルギーが存在しています。

・火エネルギー
・水エネルギー
・金エネルギー
・土エネルギー
・風エネルギー

この言葉は、度々当ブログ上でも活用してきているもの。馴染みのある方も少なくないものと思います。

そんな自然エネルギーと当然の事ながら、私達、「人」にとっても、とても大きな影響力を有する要素となっています。

人も自然エネルギーにて構成されているからなんですね。

そんな考え方を元に、私が作り上げたのが

*自然民族占い(診断)

という考え方です。

人(生命体)には、「心(魂)」と「体」それぞれに主となる自然エネルギーが位置づけられています。

5種類の心の自然エネルギー × 5種類の体の自然エネルギー =25タイプの自然民族

人は、どんな自然エネルギーを主として持っているのかによって、「25タイプの自然民族」に分類することができる・・・そんな考え方が自然民族占い(診断)。

あなたが、どのタイプの自然民族さんなのか?

は、こちらの自然民族診断を行うことで、見出すことができます。

自分の自然民族タイプを理解しておくと、自然との付き合い方や日々の自然環境からの影響などを事前に推察することが可能に。

今年2019年の金陽エネルキー環境下での影響及び運気傾向なども知ることができます。(2019年自然民族診断!【25種類自然民族】運勢ランキング

現在提供中の地震予測関連情報コンテンツ

  1. 【最新】地震予測情報コンテンツ一覧!ブログ・メルマガ・SNS