台風19号は九州北西沖周辺を推進中。直接的な影響は薄れつつあります。

てで、間髪入れずに、今度は台風20号の影響が生じて来始めた状況。今回は「雨の力」に要注意と感じています。

本日2018年8月23日の地震活動傾向!

昨日(22日)の地震活動状況

昨日も地震活動に「抑制力」は働くことなく推移。中でも「西日本」では、台風による直接的・間接的な影響(気圧変動、風エネルギー)によって、地表面付近でのひび割れ感覚の地震(微小・小規模)が多数誘発されることとなりました。

「九州~近畿」にかけての広範囲で地震活動が表面化しています。

そんな中、「熊本県」にて下記のような中規模地震が発生しています。

*8月22日18時23分 熊本県熊本地方 M4.1 震度4

「熊本県周辺」は、地殻内圧力バランスが乱れているエリアで、「気圧変動など」により、地震が誘発されやすい状況となっていますからね。

まだ、台風19号の直接的な影響が残る中、早々に地震活動が誘発されて来ました。

ただ、地震活動としては、先ほどお話した「ひび割れ感覚の地震」と同種の動き。特に気になる要素は無く、今後への影響もあまり無いものと判断しています。

あくまでも適度な地震エネルギーの発散の一環ということです。

また、台風の影響のないエリアにおいて、太平洋プレートの動きに関連した中規模地震が発生しています。

*8月23日00時06分 青森県東方沖 M4.8 震度2

こちらは、レジまぐ版メルマガ上にて経過観察していた地震予測に対応する動きとなっています。

*青森東方沖を中心とした円形範囲
(岩手沖・三陸沖・浦河沖・十勝沖周辺)
*M4.4~M5.8程度
*15日~22日まで。

■対応地震の発生
*8月23日00時06分 青森県東方沖 M4.8 震度2

大平洋プレートの動きが促進されていた影響にて生じて来た地震活動。こちらも、特に気になる要素は無く、今後への影響も無いものと判断しています。

本日(2018年8月23日)の地震活動傾向

本日は、「台風20号の影響」が強まる自然環境となります。

ここまでの推移を見ていると、地震抑制力が生じることは無く、台風通過と共に地震活動が誘発されてくるパターンとなりそうです。

今回の台風進路周辺において、地殻内圧力バランスの乱れが存在しているエリアとなるのが下記。

  • 大阪府・奈良県周辺
  • 広島北部・島根県周辺

上記エリアでは、早々にひび割れ感覚の地震活動(微小・小規模及びM4前後の地震)が誘発されてくる可能性があるものと考えています。

ただ、本格的な誘発地震活動に注視となるのは、やはり台風20号が過ぎてから。今週末から来週半ばまでの期間は、中規模以上の地震活動に要注視となりそうです。

特に

  • フィリピン海プレートへの影響

に関して、推移をしっかり観察しておきたいと思っています。

Re:FiT(リ:フィット)

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。