昨日、気温が少々上昇してくれたことから、日差しが当たる場所では、だいぶ雪解けも進んでくれました。

が・・・。今朝は、気温低下。

雪解けした場所に限って、”ツルッツル”のアイスバーンに。”転倒事故”に関しては、昨日以上に注意が必要な日となりそうです。

本日2018年1月24日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況&火山活動状況

昨日は、「草津白根山の噴火活動」が注目される自然現象となりました。

まず、”火山活動”に関する、その後の検証内容をお話したいと思います。

こちらの記事(2018年1月23日「草津白根山」の噴火活動に関して。今後の影響要素は?!)を書いている時点では、まだ、”噴火の有無”も確実とは言えない状況で、噴火規模などもわからない状態でした。

その後、「噴火活動が発生した」ことは確実であることが判明。

噴火としては、「噴煙(火山灰)と共に噴石を伴う噴火活動」であったこと。そして、噴火規模としては「小規模噴火」と位置付けることが出来る動きであったことがわかってきました。

単純に考えると、今回の小規模噴火のみで噴火活動が減衰していくようだと、今後、周囲エリアに与える影響は少ないものとなりそうです。

現時点での”気象庁の見解”としては、「今後、短期的に大規模噴火などへと繋がっていく可能性は低い」とのこと。ただ・・・そもそも、今回の噴火口となったエリアに対しては、いままできちんとした観測体制をとっていなかったとのことですからね。

得られる情報は少ないものと考えられますから、単純に気象庁の発表を鵜呑みにするのは危険かと思っています。

*小規模噴火が複数回発生してくる可能性。
*中規模・大規模噴火に繋がっていく可能性

の2パターンは、常に念頭にはしておきたいところです。

少なくとも、今後”三週間程度の期間”は、草津白根山周辺の火山活動をしっかりと観察・検証していく必要があるものと考えています。

今回、”小規模噴火”であったことを考えると、この噴火活動によって、直接的に地震活動が誘発されてくるという可能性は、低いものと考えています。

ただ、噴火活動が発生した要因が、「地殻内圧力の高まり」「プレートの動きの変動」であった場合は、必然的に、地震エネルギーが増大しているエリアが存在している可能性があることに。

いずれにしても、草津白根山の火山活動動向と共に周辺エリアの地震活動動向も併せて、推移を観察していきたいと思っています。

地震活動に関しては、昨日も活発な状態が継続する形となりました。

*茨城県・茨城沖・福島沖・宮城沖周辺

では、地震活動が促進傾向となっています。

*24日02時32分頃 茨城県沖 M4.3 震度3

気になる要素はありませんが、上記のような中規模地震も発生してきています。

その他、目立った動きはありませんが・・

「マグマ活動に関連した地震活動」が促進されています。”富士火山帯””白山火山帯”周辺でのマグマ活動が活発化してきていることが感じられています。

本日(2018年1月24日)の地震活動傾向

今日は、昨日比較して、全国的に気温が低下傾向に。気象環境的には、やや地震が表面化しにくい環境となるものと考えています。

抑制力が生じて来る可能性も。

ただ、「マグマ活動」「太平洋プレートの動き」共に、活発な状態は継続されるものと考えています。”マグマ活動に関連した地震活動”は減少傾向となるかもしれませんが、”太平洋プレートの動きに関連した地震活動”には、あまり変化はないかと。

*茨城県・茨城沖・福島沖・宮城沖周辺

では、本日も揺れる程度の地震活動が複数表面化してくる流れとなりそうです。

とはいえ、特に気になる状況はありません。

本日は、あまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたい一日としたいものですね。



地震前兆の有無

電磁波系の体感は、今朝も感知することが出来ています。

ただ、昨日から今朝にかけて、地震前兆と判断できるような体感は感知出来ていません。