【2021年6月2日地震情報&予測】地震発生数は減少&太平洋プレート関連の中規模地震

今日の地震情報

【2021年6月2日地震情報&予測】

昨日は梅雨前線の影響がなく、とても爽やかな青空の一日となりました。本日も梅雨前線の影響はない気象環境となる見込みなのですが・・大陸側から移行してきた雲に覆われており、同じ晴れでも雲の多いお天気となりそうです。

本日2021年6月2日の地震活動傾向!

本日2021年6月2日は辛丑の「先勝」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(1日)の地震活動状況

昨日(1日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日も地震活動に大きな変化はなく、適度な地震エネルギーの発散が継続することとなりました。

夕方以降は雲が増える気象環境となったこともあり、全国的に地震発生数は減少傾向となっています。

ただ地震数は少なくとも太平洋プレートの動きに関連した中規模地震が複数発生。地震活動は促進傾向となっているものと考えています。

*6月1日 07時04分 八丈島東方沖 M5.3
*6月1日 13時43分 岩手県沖 M4.5
*6月1日 17時41分 西表島付近 M4.6

上記いずれの地震も影響力が小さく、今後への影響はないものと判断しています。

本日(2021年6月2日)の地震活動傾向

本日(2021年6月2日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も気象環境に大きな変化はなく、昨日同様の地震活動の流れにて推移するものと考えています。

ひび割れ感覚の内陸断層型地震(微小・小規模が中心)が適度に発生。太平洋プレートの動きに関連した地震活動が顕在化する・・そんな流れに。

「太平洋プレートの動きに関連した地震」においては、適度な地震エネルギーの発散の範疇にて本日も中規模地震が表面化する可能性を念頭にしておきたいと思います。

表面的な地震発生数は少なめでも、潜在的に太平洋プレート動に関連した地震は促進されているものと考えています。

「関東周辺~北海道周辺(太平洋側エリア)」での地震エネルギー動向に注視しておきたいと思います。(皆さんにとってはあまり地震のことを考えることなく過ごしやすい一日に)

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。

今朝の自然状況から「地震エネルギーの発散や変動」が感じられた地域が複数ありましたので、まずは今後の推移をしっかり観察しておきたいと思います。