自然エネルギーの移行期間中【2020年4月28】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年4月28】本日の地震活動傾向

一昨日(26日)から自然エネルギーの移行期間に突入しています。今回は【水陰】から【風陽】への移行。5月4日頃には移行完了となる見込みです。

移行期間中は自然エネルギー環境が活力を増すといいますか、少々荒々しさを伴うことに。今回主には【風】の荒々しさが増すことから、様々な自然要素・自然現象が活性化されやすい環境となります。

*強風

が吹きやすい環境となる他、地震活動(プレート動の活性化)が促進されるものと推測しています。

本日2020年4月28日の地震活動傾向!

本日2020年4月28日は庚子年の「先負」。そして「象の日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(27日)の地震活動状況

先週後半(23日~26日)が「今月の地震注意期間」となっていました。実際に23日(木)以降、地震活動が表面化傾向となり、各地で複数の中規模地震が発生することとなりました。

現時点までの推移を含めて、ポイントとなる地震活動・地域ごとにお話してみたいと思います。

「長野県周辺」での群発地震活動

まず、地震注意期間の初日に発生したのが下記中規模地震です。

*4月23日13時44分 長野県中部 M5.5 震度4

実際には「22日」から複数の小規模地震が発生しており、22日を起点とした”群発地震活動”となっています。マグマ活動の促進に伴い誘発されてきた地震。現在もあまり衰えることなく、活発な地震活動状況となっています。

昨日も下記のような中規模地震が発生しています。

*4月27日11時32分 長野県中部 M4.6 震度3

当初の震源域に対して、地震活動は周辺エリアにも広がりを見せている状況。今後、さらなる中規模以上の地震活動の可能性と共に「岐阜県・長野県・群馬県周辺」での噴火の可能性にも注視が必要と考えています。

「青森沖・北海道周辺」での地震活動連鎖

低気圧に伴う「気圧変動」の影響で「青森県・岩手県・北海道周辺」にて地震活動が誘発、表面化傾向にて推移しています。

*4月24日04時52分 青森県東方沖 M5.0 震度3

上記中規模地震を起点として、その後周辺エリアにて地震活動が活発化。下記のような中規模地震が誘発されています。

*4月26日23時02分 釧路沖 M4.6 震度2
*4月27日18時07分 根室半島南東沖 M4.1 震度1

現状、適度な地震エネルギーの発散が行われている状況。特に気になる要素は感じられていません。

今後は【風の活性力】の影響にて、太平洋プレート動が促進・変動してくる可能性があります。プレート動の促進に伴い、さらに 「青森県・岩手県・北海道周辺」 での地震活動が表面化する可能性があるのではと推測しています。

「茨城沖・福島沖周辺」での地震活動

関東周辺でも下記中規模地震をきっかけとして、地震活動が活発化しています。

*4月26日09時49分 茨城県南部 M4.8 震度4

上記地震の影響にて、地震活動が誘発。「茨城沖・福島沖周辺」にて多数の地震(微小・小規模地震が中心)が表面化しています。そんな中、昨日下記のような中規模地震が発生しています。

*4月27日22時24分 福島県沖 M4.5 震度1

上記は「茨城県南部 M4.8」の影響にて誘発されてきた中規模地震となります。実は昨日日中に「耳鳴り系体感」を感知しており、上記中規模地震の直前前兆を感知したものと判断しています。

「 福島県沖 M4.5 」による今後への影響はないものと判断していますが、地震活動自体が促進傾向となっていますので、本日も揺れる程度の中規模地震が表面化してくる可能性はあるものと念頭にしておいていただければと思います。

火山活動状況

火山活動状況

先週からマグマ活動が活力を増しています。マグマ活動の促進を念頭に現在レジまぐ版メルマガ上では「噴火活動予測」も経過観察中となっています。

先週からの推移として

*新燃岳周辺

にて、一時火山性地震活動が急激に活発化していましたが、現在は動きが低下しています。

ただ、これは火山活動自体が減衰したわけではなく、来月(5月)にかけて、継続的に噴火の可能性に注意が必要と考えています。

昨日、新たな動きを見せ始めたのが

*口永良部島(鹿児島県)

での火山活動です。

こちらも噴火の可能性を感じさせる予兆が顕在化してきている状況。しばらく間、噴火の可能性に関して継続的に注視が必要と考えます。

本日(2020年4月28日)の地震活動傾向

本日(2020年4月28日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も全国的に高気圧環境下となる見込み。地震が表面化しやすい気象環境となりそうです。

自然エネルギーの移行に伴い徐々に【風エネルギー】が活力を増すものと推察されますので、地震活動&プレート活動にも変化・変動が生じてくる可能性があるものと考えています。

地震前兆の有無に関わらず、「揺れる程度の中規模地震」の可能性を念頭にしておいていただければと思います。

本日、主に地震活動が活発&表面化傾向となりそうなのが下記エリア。

*沖縄県・九州周辺
*長野県周辺
*伊豆諸島周辺
*福島沖周辺
*宮城沖・岩手沖周辺

複数の有感地震が表面化してくるものと考えています。

地震前兆の有無

昨日「耳鳴り系体感」を感知しています。ただ、前述していますように、すでに対応地震(福島県沖 M4.5)が発生済みと判断しています。

その他、現時点まで地震前兆の思える要素は感じられていません。

トライアルセット300×250