ここ神奈川県では、桜の花(ソメイヨシノ)は、ほぼ散った感じです。で、替わりに、新芽の芽吹きが初々しく、美しい姿を見せ始めました。

桜以外の樹木たち(けやきなど)も一斉に芽吹き始めましたからね。新緑の季節の始まりですね。

本日2018年4月6日の地震活動傾向!

昨日(5日)の地震活動状況

昨日は全国的に気温がやや低めとなりましたね。

関東周辺では、一昨日と比較して「10℃ほど」気温が低くなりました。でも・・・一昨日の夏日(25℃)が特殊であって、「16℃程度」でも、過ごしやすい気温ではあるんですけどね。(でも、やっぱり「20℃」くらいがいいです。)

そんな気象環境となりましたが、地震活動は想定していたように活発な状態にて推移することとなりました。

大きな変動は無く、朝の「福島 M4.5」以降は特に目立った動きも発生していません。

それでも微小・小規模地震が増加・有感地震発生数も増えています。

地震活動が促進されているのが下記エリアです。

  • 秋田県周辺(内陸部)
  • 福島沖・宮城沖周辺
  • 東京湾周辺
  • 鹿児島周辺
  • 長崎・熊本周辺
  • 宮崎沖周辺
  • 茨城沖周辺

地震活動として、気になる動きはありませんが、下記のような有感地震が複数発生しています。

*4月6日03時19分 秋田県内陸北部 M2.8 震度1
*4月5日07時55分 神奈川県東部 M3.1 震度1
*4月5日15時58分 天草灘 M3.1 震度1
*4月5日18時52分 宮城県沖 M3.8 震度1

天気が下り坂となっていますが、この傾向は本日も継続するものと考えています。

本日(2018年4月6日)の地震活動傾向

今朝は西から前線を伴った低気圧が近づいてきています。これから午後へ向けて全国的にお天気は下り坂。

夜には関東周辺にて、久しぶりに”雨”となりそうですね。

自然環境としては、「水エネルギー」が主体の環境。今朝も地震活動を積極的に誘発させるような要素は見当たりません。本日も地震活動に大きな変動は生じることはないものと考えています。

ただ・・・。気になる要素はあるんですよね。

まあ、今日、早々に変動が生じて来るようなものではないと考えていますので、まずは推移をしっかりと観察しておきたいと思っています。

「マグマ活動」に関しても、活発な状態はかわりなく、推移しています。

昨日「新燃岳」にて、再び大規模な噴火が発生しています。まだまだ、活力十分な状況。「霧島火山帯」全域でマグマ活動が活発な状態となっています。

マグマ活動に関しても、今日は大きな変動はなさそうです。





地震前兆の有無

地震前兆と判断できる要素は感知できていません。ただ、体感的には感知できる要素が増加中。

「東京湾周辺」での地震活動が活発化してきている・・・その影響を感知しているものと考えています。