台風5号の動向が気になっていたことから、まったく意識することはありませんでしたが・・一昨日8日早朝(夜中)に月食(部分月食)が日本でも見られたようですね。

まあ、大きな月食(欠け方の度合)では無かったようです。ここ神奈川では、丁度、台風の影響が気になっていた時間帯でしたからねぇ。月食の存在に、意識を向けることは出来ませんでした。

本日2017年8月10日の地震活動傾向!

先日の地震活動状況

昨日は、台風の影響が無くなった自然環境でしたので、地震活動の動向も少々気になっていましたが、目立った動きは無く、地震活動の変化を感じることもありませんでした。

全国的に低気圧環境下となりましたので、やや地震が表面化しにくい環境となったようです。

それでも目立った動きこそありませんでしたが、全国的に内陸部の地表面付近での微小地震は多数発生しています。台風の通過に伴い、”気圧変動”が生じていた地域でひび割れ感覚の地震活動が誘発されてきたという状況と理解しています。

適度な地震エネルギーの発散で、好ましい状況と言えるものです。ひび割れ感覚の微小地震が生じてこないほうが、中規模地震へ繋がる可能性を高めてしまいますからね。

*9日08時10分頃 福島県沖 M3.6 震度1

有感地震として上記程度の小規模地震はありましたが、まったく気にする人要は無い動きです。

また、「鹿児島・宮崎沖周辺」「熊本・長崎周辺」では、昨日も地震活動が活発な状態で推移することとなりました。

*10日05時19分頃 熊本県熊本地方 M2.8 震度1

今朝も上記のような小規模地震が発生していますが、地震活動としてはまったく気にする必要はないもの。こちらも現状としては、適度な地震エネルギーの発散が行われている状況と捉えています。

本日(2017年8月10日)の地震活動傾向

本日も気象環境に変化は無さそうな気配。全国的に低気圧環境が継続する形となりそうです。

ゆえに、地震活動も昨日同様な状況が継続するかと。どちらかと言えば、内陸部でのひび割れ感覚の微小地震は、昨日と比較すると減少傾向となるものと考えています。

台風5号の余波(地震活動の誘発)は気になるところではありますが、本日、基本的には、地震活動に大きな変動などは生じることなく推移するものと考えています。今後、気象環境が大きく変化した時に地震活動にも変化が生じてくる・・そんな流れとなるのではないでしょうかね。

まあ、本日もあまり地震のことは気にすることなく、過ごしておきたい・・そんな一日としたいものですね。(私は、台風の余波動向をしっかりと観察しておきたいと思います。)

体感感覚の有無

二日連続、睡眠を邪魔されるような体感感覚を感知することが出来ています。ただ、地震前兆の体感と言えるものではなく、おそらくは、現在発生している「茨城周辺での群発的な地震活動」の影響を受けているものと考えています。