昨日、気象環境及び自然エネルギー環境が大きく変化することとなりました。風エネルギーも増大中で、今週末にかけて、地震活動に変化・変動が生じる可能性があるものと推察していました。

そんな中、昨夜から今朝にかけて、本格的な睡眠時体感を感知することとなりましたので、ご報告したいと思います。

スポンサーリンク



太平洋プレートの動き促進に伴う地震活動の予兆?!

まず、前提としたお話しておきたいのは、「睡眠時体感」は就寝中の出来事。ゆえに、体感内容を検証することなどが出来ないため、内容を精査していくことが難しい要素となっています。

ですから、本当はその後の推移を観察する中で得られた情報と合わせて、判断していくのが望ましいんですよね。

ただ、睡眠時体感をもたらした要素が地震活動の予兆&前兆だった場合は、体験上、地震規模がやや大き目となるケースが多いのです。

ゆえに、予測精度が低いものとなったとしても、お知らせしておいた方が良い場合があるんですよね。

で・・。

今回は、一昨日・昨日と太平洋プレートの動きが大きく促進されてきている状況があります。

そんなプレートの動きに関連して、中規模地震(福島沖 M4.9)も発生してきています。

また、ここ数週間にて、「福島沖、三陸沖、岩手沖」それぞれでプレート境界型のM6前後の中規模地震が繋がりを感じさせる形で発生してきています。

このことも、「太平洋プレートのズレ動き」が連動しつつある可能性を感じさせる要素となります。

このような地震活動の流れが存在していますので、今回の睡眠時体感に関して、一応地震予測を記する形で推移を観察しておきたいと思った次第です。

予測の精度(地震の可能性)は低いものとはなりますが、ご参考にしていただければ幸いです。

尚、予測エリアは、特定が難しいため、睡眠時体感を感知できるすべての範囲を対象に予測を組み立てておきたいと思います。

2017年9月29日睡眠時体感からの地震予測

◇29日睡眠時体感からの地震予測1)神奈川県・東京都周辺
*M4.5~M5.3程度

2)小笠原諸島周辺(遠方含む)
*M5.8~M7.5程度

3)茨城沖・房総半島沖・福島沖周辺
*5.5~M7.2程度

4)宮城沖・三陸沖・東北東方沖周辺
*M6~M7.8程度
*29日~10月5日まで。

予測エリア

スポンサーリンク