やっぱり・・さすがに「関東周辺の梅雨入り宣言」は早すぎたのではないでしょうかねぇ。梅雨入り宣言後、連日、夏日となっています。

ただ・・梅雨前線の活動自体は、威力を増してくる方向にて推移中。

今後、台風の発生も予測されており、梅雨前線がさらにエネルギーUPとなりそうなんですね。今週末から来週始めにかけて、「大雨」に注意となりそうです。




本日2018年6月8日の地震活動傾向!

昨日(7日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動はありませんでしたが・・。

地震活動自体は、活発化。全国的に表面化傾向にて推移しています。

昨日記事にて、朝方に「電磁波系の体感」が感じられるようになっていたことをお伝えしていましたが、想定していた通り、午後になって、「茨城県周辺」にて、体感に対応する有感地震が複数発生する流れとなりました。

*6月8日05時03分 茨城県南部 M2.7 震度1
*6月7日21時18分 茨城県南部 M4.3 震度2
*6月7日18時37分 茨城県南部 M2.9 震度1
*6月7日14時58分 茨城県南部 M3.8 震度2

今朝も有感地震が発生しており、まだ地震活動が促進中といった状況です。

”揺れる程度”の中規模地震も含まれているように、どうやら、地震エネルギーが上手く分散して放出される形となっている模様。

好ましい状況と言えそうです。

現時点では、特に気になる要素はありませんが、今後、どのような形で推移していくのかは、しっかりと観察しておきたいと思います。

また、昨日も「大深発系の地震」が複数発生しています。

どうやら、太平洋プレートが「西側方向」に動きを促進させている模様。今後、影響が「地表面付近での地震活動」として表れて来るものと推測しています。

本日(2018年6月8日)の地震活動傾向

今朝も、関東周辺は、高気圧環境下に。

気象環境的には、昨日と大きな変化はない模様で、本日も地震が表面化しやすい環境となるものと推測しています。

ただ、今朝の時点にて、「地震誘発要因」は見当たらない状況。

基本的に本日も地震活動に大きな変化・変動は無く推移するものと考えています。

今日も昨日の流れが維持されていくものと考えられますので、下記エリアでは、有感地震が複数表面化する流れとなるものと推測しています。

  • 茨城県・茨城沖・千葉県沖・福島沖周辺

現在、「2エリア」ほど、気になる地域がありまして、まずは来週に向けて、推移を観察しているところです。

今後、「梅雨前線の活性化」「台風発生の有無」など気象環境変化に伴って、「地震誘発要因」が生じて来るかどうかが、大きなポイントとなりそうです。

「地震エネルギー」が増加傾向となっている地域がありますので、「地震誘発要因」が生じるようだと、突発的に地震活動が誘発されてくる可能性がありますので。

今週末は、「梅雨前線」「台風の間接的影響」などを特に注視しておきたいと思います。





地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的にも、現時点では、特別取り上げるべきものはありません。ただ、今朝の時点でも、弱いながらも電磁波系体感が感じられていますので、関東周辺(茨城県周辺)にて地震活動が促進継続中といった感じです。