ここ数日、とても過ごしやすい自然環境が続きましたが・・。今日は全国的に天気が下り坂に。西から低気圧&前線に伴う雨雲が広がってきています。

まあ、「激しい雨」だと困りますが、「優しい雨」なら、気温も引き下げてくれて、気持ちに”癒し”をもたらしてくれますからね。そんな雨模様の自然環境となりますように。




本日2018年5月23日の地震活動傾向!

昨日(22日)の地震活動状況

昨日は、想定していたように地震活動も大人しい状況で推移。適度な地震エネルギーの発散が継続する流れとなっています。

もちろん、地震活動に大きな変化などは無く、気になる状況も見当たりませんでした。

「有感地震」を取り上げておくと。

関東周辺で、複数の小規模地震が発生しています。

*5月22日21時58分 千葉県北東部 M3.7 震度2
*5月22日07時36分 茨城県北部 M3.6 震度1

昨日記事にて、「耳鳴り系体感を感知したこと」をお話しましが、その体感に対応した地震活動と判断しています。

もともと、弱めの体感で、関東周辺(茨城県・茨城沖・千葉県周辺)での「震度1.2程度の小規模地震」の前兆を感知したものと推測していましたからね。

丁度、推測していたような有感地震。納得の状況です。

また、本日早朝には下記のような中規模地震が発生しています。

*5月23日05時14分 青森県津軽北部 M4.2 震度1

上記は「深発系地震」。太平洋プレートの動きが深部で促進されてきているのかもしれません。

もちろん、深部での動きということもあり、上記中規模地震による今後への影響などはないものと考えています。

本日(2018年5月23日)の地震活動傾向

今朝はすでに、昨日と比較して「気象環境」「自然エネルギー環境」共に、変化が生じてきています。

高気圧は太平洋上へと去り、西から徐々に低気圧&前線が迫ってきています。

  • 秋田県・青森県・岩手県・北海道周辺

を除いて、本日は低気圧環境下となるものと推測しています。昨日との比較で本日は地震がやや表面化しにくい環境となるものと考えています。

本日も地震活動に大きな変化はないかと。

必然的に、今日もあまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたい・・そんな一日となりそうですね。

低気圧の影響力としては、それほど強くはなさそうなので「抑制力」が生じるまでには至らないのではないかと推測しています。

本日も適度な地震エネルギーの発散は継続していくものと考えます。低気圧の影響が到達するまでの時間がかかりそうな「関東周辺」では、”有感地震(震度1.2)”が表面化してくるかもしれませんね。

地震活動が少々促進傾向となってきていますので。

また、直接的な低気圧の影響が届かないと思われる「秋田県・青森県・岩手県・北海道周辺」では、深発系の地震活動が表面化傾向となってくる可能性はありそうです。

今朝のような規模の小さ目な中規模地震が表面化する可能性はあるかも。

ただ、”揺れ”の影響は小さなものとなりますので、いずれにしても、あまり気にする必要はなさそうです。

 

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的にも特別取り上げるべきものはありませんでした。