昨日、「蒸し暑さ」が感じられるようになったのですが、それでもまあ、不快な感じはあまり受けなかったんですよね。

でも・・・今朝は、さらに「蒸し暑い」。しかも、結構、不快な感じ・・。湿度が高い環境となりそうですね。今日は。




本日2018年5月18日の地震活動傾向!

昨日(17日)の地震活動状況

昨日、すでにご報告しておりますが、関東周辺にて、下記のような中規模地震が発生することとなりました。

*5月17日12時15分 千葉県東方沖 M5.3 震度4

この地震は、「16日」に地震前兆が生じていたものと判断しています。

ゆえに、地震活動を誘発するような要因がほとんど無かった昨日の自然環境下においても、表面化してきたんですね。

実際、上記中規模地震が発生していますが、他の地震はというと、ほとんど変化は無い状況。地震発生数も少な目で推移しています。

地震活動としては、停滞傾向で推移したものと判断しています。

夕方以降になると、低気圧&前線が移動。気象環境に変化が生じてきました。

日付が変わる「0時」頃から、気象環境に大きな変化が。「青森県・北海道周辺」のみが、高気圧環境となっています。”気圧変動”が生じるとともに、地震が表面化しやすい環境に。

そんな気象環境変化に伴って、夜中に「青森県・北海道周辺」にて下記のような中規模地震が発生することとなりました。

*5月18日03時46分 釧路沖 M5.8 震度4
*5月18日06時39分 青森県西方沖 M4.1 震度1

「釧路沖」では、本格的な中規模地震が発生しています。

ちなみに、この地震はレジまぐ版メルマガ上にて経過観察していた下記地震予測に対応する地震となっています。

*青森東方沖・十勝沖・岩手沖・三陸沖周辺
*M4.5~M6.5程度
*15日~20日まで。

■対応地震の発生
*5月18日03時46分 釧路沖 M5.8 震度4

太平洋プレートの上境界面周辺で発生した「プレート境界型」地震と判断。今後の影響(揺れ、地震エネルギー)はあるものと考えています。

「 青森県西方沖 M4.1」は、「釧路沖 M5.8」の”揺れ”による影響で誘発されてきた地震と言えそうです。

まずは、推移を観察。誘発地震の予兆の有無をしっかりと見極めていければと思っています。

 

本日(2018年5月18日)の地震活動傾向

今朝は、「青森県・北海道周辺」「東北エリア」「西日本・関東周辺」にて、大きく3つの異なる気象環境が存在する形となっています。

「青森県・北海道周辺」は、「高気圧環境」にて、地震が表面化しやすい環境に。本日も地震が表面化傾向にて推移するものと推測しています。

「東北エリア」は、低気圧&前線の影響下。午後以降、前線の影響エリアが変化していくことが推測できます。

地域によっては「自然環境の変動」が生じることに。基本的には、地震が表面化しにくい環境と言えるのですが、局所的には、状況が大きく異なるケースも念頭に、地震活動推移を観察しておきたいと思います。

「西日本・関東周辺」では、低気圧&前線の影響はなく、「火エネルギー」が活力を増す自然環境となりそうです。

現時点で「地震誘発要因」となるものは見当たりませんので、地震活動に大きな変化はないものと思っています。

ただ、「火エネルギー」の増大に伴い、「火山活動」「マグマ活動に関連した地震活動」が促進傾向となるものと考えています。

また、「関東周辺」では、昨日の「千葉県東方沖 M5.3」による影響が何かしらの形で表れて来るかもしれませんからね。

”揺れる程度”の動きは、表面化してくるものと考えた上で、推移を観察。誘発地震活動の予兆有無などを見極めていきたいと思います。

 

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。

雑記

昨日、歌手の西城秀樹さんの訃報がありました。

50代の私にとって、「西城秀樹」は、まさに、私の青春日記のど真ん中に記されている存在のひとり・・・。そういう方の訃報は、ショックを感じてしまいます。

自分の人生日記に描かれている人々が、徐々に姿を消していく・・そんな時期を迎えてきたのかもしれません。合掌。

ちなみに、西城秀樹さんと言えば「元気な楽曲」が印象的ではありますが。私の中では

・サンタマリアの祈り

などもとっても、印象的な歌として、記憶に残っています。