ようやく、天気が回復。本日は、急激に気温も上昇傾向となっていきそうです。

ここ数日が「肌寒さ」を感じるような環境でしたので、急激に気温が上がって、「夏日」になどなってしまうと、なかなか体がついていきませんよね。

「服装」「水分補給」には、十分気を配っておきたいところです。




本日2018年5月11日の地震活動傾向!

昨日(10日)の地震活動状況

昨日は予定通り、日中、地震活動に変化は無し。有感地震も日中は小規模地震が「1つ」のみでした。

低気圧&前線の影響が残るため、地震活動に変化の兆しが見えて来るとしたら、夕方以降(夜)と考えていたわけですが・・。

昨夜、関東周辺にて下記のような中規模地震が発生いたしました。

*5月10日20時01分 福島県沖 M4.6 震度2

上記中規模地震は、まだ「地震活動の変化」を示すものではありません。
9日の記事」にてお話していますが、その時点で「耳鳴り系体感」を感知。地震前兆が生じていた動きが、昨夜表面化してきた・・・そんな流れの地震活動と捉えています。

ちなみに、レジまぐ版メルマガ上では、下記のような地震予測を示す形で推移を観察。

昨夜の中規模地震は、予測に対応した地震活動となっています。

*茨城沖・福島沖周辺
*M4~M5程度
*9日~15日まで。

■対応地震の発生
*5月10日20時01分 福島県沖 M4.6 震度2

この地震による今後への影響は、ほとんど無いものと考えています。

本日(2018年5月11日)の地震活動傾向

今朝は、「北海道周辺」を除いて、広い地域で「高気圧環境下」となってきています。すでに多くの地域で天気は回復。

これから、気象環境が変化していくこととなります。

自然エネルギー環境的にも、「風エネルギー」による影響で、「火エネルギー」が活性化される環境となるかと。今日は、これから急激に気温が高まっていきそうです。

必然的に

  • 地震活動
  • 火山活動(マグマ活動)

にも変化が生じて来るものと考えています。

少々タイムラグがあるものと思いますので、すぐに地震活動が増加とはならないかもしれませんが、(火エネルギーの増加以外に、目立った地震誘発要因が無いので。)変化が生じて来る目安(タイミング)としては・・。

  • 「九州周辺(霧島火山帯)」でのマグマ活動の促進及び関連地震活動の表面化 ⇒*本日10時以降。
  • 「関東周辺(東京都・茨城県・埼玉県)」での地震活動の促進 ⇒*本日午後以降。
  • 「茨城沖・福島沖周辺」での地震活動 ⇒*本日15時以降。

となるのではないかと推測しています。

全国的に、地震活動&マグマ活動に変化が生じて来るのは、今夜以降(今週末)となるものと考えています。

特に、「霧島火山帯周辺の噴火活動」に目立った動きが生じて来る可能性に注視しておきたいところです。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。ただ、今朝になって、「電磁波系の体感」が感じられるようになってきています。

関東周辺での地震活動が着実に促進してきているものと考えています。