15日日曜日は、強い風を伴う暴風雨となりましたが、今日は、どちらかというと「しみじみとした雨」となりそうな感じです。

自然環境的な不安定さは無い状況で、午後へ向けて雨降るエリアが広がって来るもよう。少し肌寒さを感じる一日となるかもしれませんね。

本日2018年4月17日の地震活動傾向!

昨日(16日)の地震活動状況

昨日は、「地震活動」「火山活動」の変化に注視ししていたのですが・・結果としては「変化なし」

微小・小規模地震こそ全国的に表面化傾向が続いていますが、中規模地震はピタッと動きを見せなくなっており、「地震活動の小休止??」と思わせるような状況となりました。

もちろん、特に気になる動きなどもありません。

ただ・・逆にこの状況に対して、「(・・?.)?ん??」と感じるんですけどね。

ここまでの自然状況推移(地震活動・マグマ活動)を考えると「急激に動きを留めた感じ」が少々不自然に感じる部分もあります。

とはいえ、何か体感的に感じられる要素が存在しているわけでもありませんからね。まあ、「地震活動の小休止」とまずは捉えておきたいと思っています。

ひとつ取り上げておくと日付が変わった夜中に、下記のような中規模地震が発生しています。

*4月17日03時08分 八丈島近海 M4.9

上記は大深発系の地震。太平洋プレートの動きがまだまだ促進されていることが感じられます。

本日(2018年4月17日)の地震活動傾向

今日は「東北北部・北海道周辺」を除いて、天気が下り坂。雨となる地域も多く、昨日と比較して地震が表面化しにくい環境となりそうです。

昨日の地震活動状況をそのまま鵜呑みにすれば、本日も地震活動の小休止が継続するかと。

基本的には、本日も適度な地震エネルギーの発散は継続するみのと考えています。(微小・小規模地震の面的発生)もちろん、地震活動の大きな変動も無いかと。

気象環境の推移によっては

  • 東北北部・北海道周辺

にて、地震活動が表面化傾向となる可能性はあるものと考えています。現時点では、まだなんとも言えないのですが、”揺れる程度”の地震活動は念頭にしておいていただければと思います。

今日はマグマ活動もあまり変化は無く推移しそうな感じです。

ただ、「観察しておきたい要素」は、いくつかあるんてすよね。(地震エネルギー変動の見極めなど)

今月は主に「日本海側地域での突発的な内陸断層型地震」が発生やすい自然環境ですので、”違和感”をスルーしてしまうことなく、観察していければと思っています。





地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にもほとんど感知できる要素は無い状況です。

ただ・・・今・・少しずつではありますが

「電磁波系の体感」が感じられるようになってきています。「関東周辺・伊豆諸島周辺」にて、少し地震エネルギーの変化が生じてきているのかもしれません。