夜中に日本列島上空を前線が通過していきました。まだ、多少前線の影響が残っている地域もあるかもしれませんが、今日は全国的に気象環境・自然エネルギー環境ともに大きく変化するものと考えています。

高気圧環境へと推移しいく中、気温も急上昇する地域もあるかもしれませんね。

また、「夏日」を感じてしまうのかも。

本日2018年4月12日の地震活動傾向!

昨日(11日)の地震活動状況

昨日は全国的に「前線」の影響を受ける自然環境となりました。

地震活動は想定通り、大きな変化は無く、発生数も少な目が維持された形です。

特に、取り上げるべき地震活動もありません。

ただ、夜中に前線が日本列島上空を通過していったのですが、前線通過に伴い、「地震誘発要因」が生じた地域があったようで、早々に「宮城沖周辺」では下記のような地震活動(有感地震)が発生することとなりました。

*4月12日04時12分 宮城県沖 M4.0 震度2
*4月12日03時34分 宮城県沖 M3.9 震度1

地震活動としては、まったく気にする必要はない動きです。

本日(2018年4月12日)の地震活動傾向

夜中に前線が日本列島上空を通過。今朝の時点では、早くも気象環境・自然エネルギー環境が変化してきています。

日中はかなり気温も上昇していく気配。

昨日と比較すると本日は地震が表面化しやすい環境となるものと考えています。

前線の通過に伴って「地震誘発要因」が生じたエリアもありそうなんですよね。前線の影響が強かった「東日本・北日本エリア」では、本日、地震活動が早々に表面化傾向へと転じて来るのではないかと推察しています。

本日も地震活動に大きな変動はないものと思いますが、「地震前兆」が表面化してくる可能性には注視しておきたいところ。

また、「気温上昇」に伴って、「マグマ活動」も各地で促進されてくるものと考えています。

  • 鹿児島周辺
  • 長崎県・熊本県周辺

の霧島火山帯でのマグマ活動はもちろんのこと。

  • 静岡県・山梨県・伊豆諸島周辺
  • 秋田県・岩手県周辺

でのマグマ活動も促進されてくるものと推測しています。

マグマ活動に関連した微小・小規模地震が増加傾向となるものと考えておきたいと思います。





地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的にも感知できる要素はほとんどない状況です。

今日は、「茨城県周辺」にて地震活動が促進されてくるようだと、体感で感知できる要素も増えて来るのではないかと思っています。