昨日も日差しが暑く感じられましたねぇ。夏日に近い気温となった地域もあったようです。

今日も昨日に負けないくらい、気温も高めで推移する環境に。こんな時期は、外で活動する時間を増やしたいんですけどね・・・私は、いま逆に・・23時間/日ほど屋内での生活となってしまっています・・。(苦笑)

本日2018年4月3日の地震活動傾向!

昨日(2日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化は無く推移しています。

昨日は全国的に火エネルギーが増加する自然環境となりました。そんな自然環境となったことから、推測していたように「マグマ活動」がさらに促進してきています。

特に

  • 長崎県・熊本県周辺
  • 鹿児島県周辺

でマグマ活動が威力を高めています。

マグマ活動に関連した地震活動も増加。「鹿児島沖周辺」では、今朝、下記のような中規模地震も発生することとなりました。

*4月 3日04時14分 種子島南東沖 M4.7 震度1

海洋部での浅発地震でしたので、規模と比較して”揺れ”はかなり小さ目となっています。

”揺れ””地震エネルギーの伝達”による今後の影響も無いものと判断しています。地震活動としては、まったく気にする必要はない動きとなります。

ただ・・。

「火山活動への影響」はしっかりと注視しておきたいところ。

現在

  • 新燃岳
  • 桜島
  • 諏訪之瀬島

にて噴火活動が活発な状態となっています。

上記火山はもちろんのこと、それ以外の霧島火山帯の火山に関しても、少々変化が生じて来る可能性に注視ですね。

また「北海道南部沖~東部沖周辺」にて、やや深発系の地震活動が複数表面化してきています。

こちらは「太平洋プレートの動き促進」が生じているもよう。今後、有感地震へと繋がっていく可能性があるものと考えています。

本日(2018年4月3日)の地震活動傾向

今日も火エネルギーが多く存在する環境に。昨日同様、適度な地震エネルギーの発散が継続する流れとなるものと考えています。

先ほどお話したように

  • 霧島火山帯周辺での火山活動及び地震活動

が促進されてくる可能性があるものと考えています。

*鹿児島沖・宮崎沖周辺

では、今朝の中規模地震程度の地震活動が再び表面化してくる可能性も。

まあ、地震活動に大きな変動はなく推移するものと考えていますが、火山活動の変動(可能性)には注視しておきたいと思っています。

昨日から現時点まで、地震活動自体には、特に気になる状況はありません。ですから、今日もあまり地震のことは気にすることなく過ごせる一日となりそうです。





地震前兆の有無

地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも感知できる要素はほとんどない状況です。