暖かな日が続いて、嬉しい限りです。

そんな中、ちょっと珍しい自然動向が。

なんと、この季節(3月)に”台風3号”が日本列島へと向かう進路を歩みつつあるようなんですね。まあ、本土に直接的な影響を及ぼすようなことはないものと思われますが。

「伊豆諸島・小笠原諸島」に、台風が向かって来る可能性がありそうなんです。

すでに、台風が「3号」となっていることにも、少しびっくりしました。(でも、春先に台風が発生すること自体は、珍しいものではないので。単に、”いつのまに・・・”といった思いです。)

今後の台風動向にも注視しておきたいと思います。

本日2018年3月28日の地震活動傾向!

昨日(27日)の地震活動状況

昨日も高気圧環境下となったことから、地震活動としても活発な状態が継続することとなりました。

でも、地震活動に大きな変化などは無く、特に目立った動きも発生していません。適度な地震エネルギーの発散が行われている・・そんな安定した状況と捉えています。

地震活動傾向としては、2つのポイントが。

ひとつが、想定していたように「マグマ活動」が促進。マグマ活動に関連した地震活動が各地で表面化傾向となりました。

  • 鹿児島周辺
  • 熊本周辺
  • 大分沖~宮崎沖周辺
  • 伊豆諸島周辺

にて、地震活動(微小・小規模)が多数発生しています。

地震活動としては、まったく気にする必要はないもの。まさに、適度な地震エネルギーの発散といった状況です。

二つ目が、「太平洋プレート」があらたにフィリピン海プレート方向に動きを見せ始めたということ。

*3月28日01時36分 東海道南方沖 M4.6

そんな太平洋プレートの動き促進を示す、大深発系地震が複数発生。上記中規模地震も大深発系地震となっています。

こちらも、大深発系地震ですので、”揺れ”などの影響は全くなし。地震活動としては、気になる要素もありません。

ただ、今後、太平洋プレートの動きに関連した地震活動へ繋がっていく可能性があるものと考えています。

本日(2018年3月28日)の地震活動傾向

今日も暖かい日が続きそうですね。今朝も全国的に高気圧環境下となっており、地震が表面化しやすい気象環境も継続することとなりそうです。

本日は、”太平洋プレートの動き促進”といった要素がありましたので、昨日と比較して、地震活動が増加傾向となるのではないかと推測しています。

実際、昨夜「耳鳴り系体感」を感知。関東周辺にて地震前兆が生じたものと判断しています。

まあ、この体感に関しては、特別視する必要はないものと判断していますので、早ければ今日にでも、関東周辺(茨城県・茨城沖・房総半島沖周辺)にて、有感地震(M4.2~M5.3程度)が発生してくるかも・・と念頭にしておいていただければ十分なものと思っています。

基本的に本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。

地震活動自体は活発な状態ですが、動的に安定した地震活動状況となっていますからね。

対して、「マグマ活動・火山活動」には、少々注視しておきたいところ。

現在、「新燃岳」が噴火活動中ですが、まだまだ噴火活動が激しくなってくる可能性があるものと私は考えています。

これから気温も高い日が多く、火エネルギーが増す環境となることが推測できますからね。動向には常に注視しておきたいと思います。

■■現実的(無理なく)に月収3万円~10万円を目指してみては?子育て中の主婦の副業(在宅)にも最適。インクフリー。とりあえず、無料で資料をGET!。

地震前兆の有無

昨夜、「耳鳴り系体感」を感知しています。関東周辺での地震前兆を感知したものと考えています。

まあ、あまり気にする必要はないものと考えていますので、こんな出来事があった・・程度のことを念頭にしておいていただければOKかと。