今週は、”桜のお花見”がピークを迎えることとなりそうです。気温も高い日が多くなりそうな気配。お花見に最適な環境となってくれそうですね。

個人的には、華やかさを感じる「八重桜」も好きなんですよね。八重桜は、ソメイヨシノが咲き終えてから開花を迎えるような感じですので、4月のお花見も楽しみです。

本日2018年3月26日の地震活動傾向!

先週末(24日~25日)の地震活動状況

先週末は、想定していたように地震活動も活発化。昨日あたりから地震活動に変化が生じてきています。

太平洋プレートの変動の影響が早々に表面化してきた感じですね。

時系列でお話していくと・・。

まず、23日金曜日に下記のような中規模地震が発生いたしました。

*3月23日06時36分 宮城県沖 M5.1 震度4

この地震活動の影響を受ける形で「宮城沖周辺」「北海道南部沖周辺」でそれぞれ地震活動が活発化しています。

そんな中、下記のような中規模地震が発生しています。

*3月25日07時52分 釧路沖 M4.3 震度1

ちなみに上記地震に関して、特に気になる要素はありません。その後の影響力も無いものと判断しています。

実は、昨夜”明瞭な耳鳴り系体感”を感知しており、地震前兆が生じたものと判断していたのですが、その後、早々に下記のような地震が発生することとなりました。

*3月25日23時42分 八丈島東方沖 M6.1 震度3
*3月26日00時39分 八丈島東方沖 M4.7 震度2

前者が本震で後者が余震といった関係性です。

昨日、夕方以降に「伊豆諸島周辺(フィリピン海プレートとの境界周辺)」にて太平洋プレートの動きが促進されてきていることを感じていました。

現在も、太平洋プレートの動きが促進中。本日を含めて、伊豆諸島周辺での地震活動は、まだまだ表面化してきそうな気配です。

上記、中規模地震に関して、”揺れ””地震エネルギー”共に、関東周辺に影響を及ばしているものと判断しています。

今後、関東周辺にて地震活動が促進(誘発)されてくる流れとなるかと。まずは、推移を観察ですね。

また、東北日本海側でも地震活動が表面化傾向となってきています。

*3月26日00時25分  佐渡付近 M4.1 震度2

「佐渡島周辺」で上記のような中規模地震が発生。「新潟県~秋田県周辺」にて、地殻の圧力バランスに変化が生じてきているように感じています。

今後、「新潟県~秋田県周辺」での地震活動推移に注視しておきたいと思います。

本日(2018年3月26日)の地震活動傾向

今日は、全国的に気温が上昇傾向に。昨日と比較して、本日はさらに地震が表面化しやすい環境となりそうです。

特に、太平洋プレートの変動が生じている状況ですので、「伊豆諸島・関東~北海道沖周辺」の幅広い地域で地震活動が促進。表面化傾向となるものと推測しています。

今日は揺れる程度”の中規模地震が複数発生してくる可能性があるものと念頭にしておいていただければと。

  • 伊豆半島周辺・相模トラフ周辺
  • 伊豆諸島周辺(八丈島東方沖など)
  • 茨城県・茨城沖・千葉県東方沖周辺
  • 宮城沖周辺
  • 青森沖・岩手沖・北海道南部沖周辺

が注視対象エリアとなりそうです。

また、昨日、「新燃岳」にて再び爆発的な噴火が発生したように、”マグマ活動”も急激に活発化してきている模様。

とうとう、昨日、「新燃岳にて火砕流」が発生することとなりましたからね。

さらなる、「大規模火砕流の発生」に注意が必要です。

同時に、マグマ活動の促進に伴った地震活動も増加傾向となるものと考えています。

  • 鹿児島周辺
  • 長崎・熊本周辺
  • 静岡・伊豆諸島周辺
  • 秋田県・岩手県周辺
  • 長野県周辺

では、微小・小規模地震を中心として地震活動が表面化傾向となっていくものと推測しています。

小規模地震が中心ではありますが

  • 大阪・京都周辺

でも、地震活動が活発化してきそうな気配。有感地震はあるかも?程度を念頭にしておいていただければと。





地震前兆の有無

昨夜、明瞭な耳鳴り系体感を感知することが出来ました。ただ、先ほどもお話しましたように、早々に対応地震が発生することとなりました。

今日は、体感的にも感知出来る要素が増えて来るものと考えています。