桜の開花宣言がなされたと思ったら・・・。今日は、冷たい雨の降る地域が多くなるとのこと。

地域によっては、”雪”も・・という天気予報となっていますからね。まさに、「寒の戻り」です。まあ、桜が一気に花開いて、早々に散ってしまわないようにという自然の働きかけなのかもとれませんね。

本日2018年3月20日の地震活動傾向!

昨日(19日)の地震活動状況

昨日の記事にて、「耳鳴り系体感」を感知していたことをお伝えしていましたが、早々に体感に対応する地震活動が発生することとなりました。

*19日11時45分頃 千葉県東方沖 M5.2 震度2

上記地震は、太平洋プレート上境界面周辺で発生した”プレート境界型地震”と判断しています。

ちなみに、レジまぐ版メルマガ上では、「千葉県東方沖を中心とした円形範囲」にて、地震エネルギーの変動も感じられていたことから、下記のような地震予測を示す形で推移を観察していました。

上記、中規模地震は予測に対応する地震と判断しています。

*千葉県東方沖・茨城沖・関東東方沖周辺
*M4.6~M6.3程度
*19日~25日

■対応地震の発生
*19日11時45分頃 千葉県東方沖 M5.2 震度2

地震規模に対して、”揺れ”はかなり小さ目となりました。”揺れ”が伝達しにくい震源位置(地殻構造)だったものと考えています。

ゆえに、今後の”揺れ”の影響はほとんどないものと判断していますが・・。

反面、「地震エネルギーの影響」が少々気になるところ。どうやら、「自然路上(富士山-鹿島神宮の路)」を伝達して言ったものと感じているんですよね。

「揺れ」が弱くなった分。「地震エネルギー」の伝達力が強まったという形です。

今後(一週間以内)、自然路上の各所で地震活動が活性化(誘発)されてくるものと考えています。

本日(2018年3月20日)の地震活動傾向

本日は、南海上を低気圧&前線が通過していくことに。西日本から関東の太平洋側では、低気圧の影響を強く受ける気象環境となりそうです。

気温も低下。地域によっては”雪”も・・といった予報もありますからね。

「地震抑制力」が生じる環境となる可能性もありそうです。

いずれにしても、本日「西日本から関東の太平洋側地域」では、昨日と比較して、地震活動が減少傾向となるものと推測しています。場合によっては、”抑制傾向”となる可能性も含みですね。

低気圧の移動に伴い「九州周辺」では、午後以降は地震活動も再び”表面化傾向”に転じて来る可能性が。

逆に「関東周辺」では、午前中は、まだ昨日の流れが続いて、地震活動が少々表面化してくる可能性が残りそうです。ただ、午後以降は、地震発生数は減少傾向となるかと。

本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。

まあ、あまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたい一日に。

さくら柄のレディース長財布

大人可愛らしさを感じさせてくれる”さくら模様”のイタリアンレザー!

桜の花開く、春が到来。これからの季節”さくら模様”が立体的描かれているイタリアレザーの小物は、大人可愛らしさを引き立ててくれるアイテムに。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たに地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的にも感知できる要素はほとんどない状況です。