今日から師走。12月が始まります。

12月ということは・・2017年も残り一ヶ月ということですよね。う~ん・・2017年が始まったばかりだと思っていたのに、すでに「2018年」「戌年」といった言葉を耳にするようになってきましたからね~。

12月ともなると、私にとっても、”来年の自然環境傾向(自然エネルギー、地震活動など)”を検証(推測)を行うべく大切な時期に。

本日2017年12月1日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日、日中は前線の影響を受ける環境となったことから、予定通り地震活動は停滞傾向で推移することとなりました。

ただ、いまの時期は低気圧も高気圧も西から東へと足早に駆け抜けていく気象環境となっています。

夜になると、前線は早々に東海上へと移動。同時に停滞していた地震活動は再び一転して、表面化傾向へと転じることとなりました。

*1日03時48分頃 北海道東方沖 M4.3 震度2
*30日22時02分頃 茨城県南部 M3.9 震度3

有感地震としては、上記が対象となりますが、「北海道東方沖」「茨城県周辺」「茨城沖~宮城沖周辺」の太平洋プレートに関連したエリアで複数の微小・小規模地震が表面化してきています。

また、再び、「日本海沖」などで大深発系の地震が複数発生。太平洋プレートの動きも再度、促進してきたようです。

本日(2017年12月1日)の地震活動傾向

本日は、昨日と比較すると地震が表面化しやすい自然環境となるものと考えています。

高気圧の影響下とは、まだならないものと推察していますが、「前線の影響が消滅」することと「金エネルギーの影響が高まる」ことが重なるため、地震活動が表面化しやすい環境となりそうなんですね。

実は、今朝・・早朝に”耳鳴り系の体感”を早速感知することが出来ました。

地震前兆を感知したものと判断しています。

ただ、近距離圏での小規模地震(東京・茨城・埼玉内陸部周辺でのM3~M3.9程度)の可能性も十分あるもの。もちろん、中規模地震の可能性もありますが、いずれにしても、”揺れる程度”の地震活動を想定しています。

まあ、あまり気にする必要は無いかと。

地震予測を記するほどても無いかと思いますが、一応下記に目安となる地震予測を記しておきますね。体感にて地震前兆と判断した要素ですので。ご参考程度に。

◇1日耳鳴り系体感からの地震予測*東京・埼玉・茨城・茨城沖・福島沖周辺
*M4~M4.8程度
*1日~5日まで

本日は有感地震も増加していくものと推測しています。

*太平洋プレートに関連したエリアでの地震活動

*内陸部での浅発断層型(微小・小規模)地震

が共に増加傾向となっていくものと考えています。少し地震活動に変化が見られるかもしれませんね。

内陸部での小規模地震は、今の時期・・規模と比較して”揺れ”をややしっかりと感じやすい特徴があります。そういう意味では、「今日は揺れを感じるかも」と考えておくといいかと。

地震前兆の有無

先ほどお話したように、今朝(早朝)”耳鳴り系体感”を感知することが出来ました。地震前兆と判断しています。

太平洋プレートの動きに関連した地震活動が気象環境変化と共に早々に表面化傾向へと転じたきたものと判断しています。

*東京・埼玉・茨城
*茨城沖・福島沖
*伊豆諸島周辺

での地震活動が促進してきていることを体感で感知している状況です。