昨日は全国的に好天となりましたね。大きな高気圧に日本列島がすっぽりと包まれる気象環境となりました。

本日も大きな高気圧の真っ只中。日中は少々気温も高まりそうです。

本日2017年11月28日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化はありませんでした。でも、推測していたように、地震活動は全国的に表面化傾向となっています。

主に内陸部での微小・小規模地震が増加傾向となりました。地表面付近でのひび割れ感覚の地震が主体でしたので、地震活動としては、特に気にする必要は無いもの。適度な地震エネルギーの発散が行われている状況です。

そんな中、有感地震としては、下記のような動きがありました。

*28日01時03分頃 茨城県北部 M3.4 震度1
*27日19時38分頃 福島県沖 M4.0 震度2
*27日14時06分頃 福島県沖 M4.2 震度1

こちらも、まったく気にする必要は無い動きです。適度な地震エネルギーの発散が行われた形ですね。

昨日の記事にて、”26日日曜日に自然状況から地震前兆が感じられていた”ことをお伝えしていましたが、上記地震活動は、その時の地震前兆に対応する動きと考えています。

まあ、もともと無視しておいても良い程度のものと思っていたましたが、上記程度の地震活動となったのは何よりでした。

本日(2017年11月28日)の地震活動傾向

今朝も全国的に高気圧環境となっています。地震活動の表面化傾向は本日も継続するものと考えています。

内陸部でのひび割れ感覚の微小・小規模地震は今日も多数表面化するかと。適度な地震エネルギーの発散が続くものと推察しています。

*茨城県・福島県周辺

では、本日も地震活動は活発な状態が継続するものと推測。微小・小規模地震が中心ながら揺れる程度の中規模地震も表面化してくる可能性はあるものと考えておいていただければと思います。(まあ、無視しておいても良いんですけどね。そんな地震活動の流れで推移しているということだけでも、念頭に。)

自然エネルギー環境的には、日に日に金エネルギーが増加してきています。

金エネルギーの増加に伴って、徐々に”マグマ活動も促進”されていくものと推察しています。

*鹿児島・熊本・長崎周辺
*伊豆諸島周辺

では、そんなマグマ活動に関連した地震活動が表面化傾向となっていくものと推測しています。

こちらも現時点では、具体的に気になる状況は見当たりませんので、そんな流れで推移していくことだけでも、認識しておいていただければOKかと。

地震前兆の有無

昨日、弱い電磁波系の体感を感知するこが出来ました。

これは、「茨城県・福島県周辺」での地震活動促進の影響を受けたものと考えています。

その他特別、取り上げるべき要素はありませんでした。