昨日も好天、綺麗な青空の一日となりました。

ただ、ちょっと不思議な感覚も。三連休中も空もそうだったのですが、空を見上げたときに感じる感覚が”秋”ではなくて、”正月頃の気配”を感じさせてくれていたんですよね。

寒さを感じるような環境ではありませんでしたので、気温は異なっているものの・・その要素を除けば、”正月”を感じさせてくれるような環境だったんです。

風エネルギーの増大と共に、土エネルギーもかなり活性化されてきていることが、このことからも伺えます。

本日2017年11月7日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日も地震活動は表面化傾向となりました。想定していたように、「茨城沖・房総半島沖・福島沖~岩手沖周辺」にて、微小・小規模地震&中規模地震が複数発生する流れとなっています。

*7日02時45分頃 福島県沖 M4.6 震度1

夜中にも上記のような中規模地震が発生しています。

ちなみに、上記地震は、海洋部での動きで、震源位置が浅い地震活動。今後の影響は無いものと判断しています。

表面化する地震が増加してきていますが、地震活動自体に大きな変化や変動などはありません。適度な地震エネルギーの発散が行われている状況で、好ましい傾向と感じています。

本日(2017年11月7日)の地震活動傾向

本日も気象環境・自然エネルギー環境に大きな変化はないかと。当然、地震活動に関しても、昨日と比較して、大きな変化は無く推移するものと考えています。

今日も適度な地震エネルギーの発散が行われるものと推察しています。

大深発系の地震が少々生じてきていますので、太平洋プレートの動きが促進されてきているようですね。こちらも現時点では、激しい動きではなく、緩やかなもの。現時点では気になる要素はありません。

今日も

*茨城沖・房総半島沖・福島沖~岩手沖周辺

では、複数の小規模地震&中規模地震発生する流れとなるものと考えています。”揺れる程度”の動きは本日もあるものと念頭にしておいていただければと思います。

ただ、今日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。

中規模地震が表面化してくる可能性はありますが、気持ち良い青空に恵まれる一日。地震のことなど気にすることなく、過ごしていただければと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思えるような要素は感じられていません。