昨日は、夏日(30℃超え)となった地域もありました。東京などでも、”27℃超え”の気温となったようですからね。これも、風エネルギー環境への移行に伴って、火エネルギーが活性化されたことによるものと考えています。

ただ、今日は環境が一変。北から水エネルギーが流入してきていますので、今度は水エネルギーが活性化されるものと推察。”寒さ感”を感じる環境となりそうです。

急劇な環境変化に体調を崩さないように注意が必要ですね。

スポンサーリンク



本日2017年10月4日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日は、目立った地震活動は無く、気になる動きもありませんでした。

ただ、地震活動自体は、昨日も活発な状態が継続しています。

中でも「茨城北部周辺」と「東京湾・茨城南部周辺」にてそれぞれ、多くの微小・小規模地震が発生しています。

*3日13時08分頃 茨城県北部 M3.7 震度1

茨城北部周辺では、余震活動が継続している状況。地震活動としては、特に気になる要素はありません。

東京湾周辺・茨城南部では、やや深発系の微小・小規模地震が群発的に発生中。先日感知した耳鳴り系体感へ影響を与えた動きと判断しています。どうやら、上手く地震エネルギーが分割される形で発散されているようですね。

好ましい状況です。

本日(2017年10月4日)の地震活動傾向

昨日は、全国的に低気圧&前線の影響下となりました。それでも、火エネルギーが活性化される自然エネルギー環境となったことから、地震活動は表面化傾向が継続する形となっています。

今朝は、低気圧&前線が東海上へと抜けつつある状況。これから徐々に高気圧環境下へと推移していくこととなりそうです。

ただ、自然エネルギー環境としては逆に、今日は水エネルギーが活性化。”寒さ”を感じるような環境となることから、単純に高気圧環境の影響が生じることとはならない模様。微妙な地震活動状況となりそうです。

まあ、基本的には、地震活動に大きな変動は生じてこないものと推測しています。

昨日も太平洋プレートの動きは変動しており、その影響は本日も残るものと考えています。太平洋プレートに関連したエリアでは、本日も揺れる程度の地震活動が複数表面化してくるものと考えておくと良さそうですね。

地域的には

*茨城南部周辺・千葉北部周辺
*茨城北部周辺

では、昨日の地震活動が継続。本日も、やや群発的な地震活動が生じて来るかと。

*茨城沖・房総半島沖・福島沖周辺

では、太平洋プレートの動きに応じた地震活動が表面化してくる可能性があることを念頭に推移を観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たに地震前兆と思える要素は感知出来ていません。

スポンサーリンク