9月も今週で最後。今日から自然エネルギー感興も、火陰エネルギーから風陽エネルギーへと主役が移行していくこととなります。

いよいよ本格的に秋が感じられるようになっていくのではないでしょうかね。

スポンサーリンク



本日2017年9月25日の地震活動傾向!

先週末の地震活動状況

先週末は、地震活動に目立った動きはありませんでした。適度に地震エネルギーが発散されている状況が継続している形です。

海洋部においては、下記のような中規模地震が発生しています。

*23日08時49分頃 鳥島近海 M5.3 震度1
*25日05時46分頃 東海道南方沖 M4.1 震度1

深発系地震も含んでおり、地震活動としても特に気にする必要は無い動き。今後の影響なども無いものと判断しています。

また、今朝に下記のような中規模地震も発生してきました。

*25日08時32分頃 鹿児島県薩摩地方 M4.2 震度1

地震活動自体は、こちらもまったく気にする必要は無い動きです。

ただ、現時点では、「マグマ活動に関連した地震活動」なのか、それとも「フィリピン海プレートの動きに関連した地震活動」なのかの見極めが難しい状況。

地震活動の仕組みが何か・・によって、今後の影響有無なども違ってきますので、まずは、この状況判断が出来ればと思っています。

本日(2017年9月25日)の地震活動傾向

冒頭でお話しましたが、本日は自然エネルギー環境の移行初日。自然環境が徐々に荒々しくなっていくものと推察しており、マグマ活動や地震活動などもその影響を受けることとなるものと考えています。

現時点では、特に取り上げるべき要素(予兆など)はありませんので、まずは推移を観察。変化の有無を見極めていきたいと思っています。

今朝は前線が南下。気象環境的にもやや地震が表面化しやすい環境となっています。

昨日よりも本日は地震活動が表面化傾向となるのではないかと推測しています。揺れる程度の地震活動も表面化してくるかもしれませんね。

特に「マグマ活動が存在している地域」で変化が表れやすいものと考えています。

地震前兆の有無

現時点で地震前兆と思える要素は感じられていません。

スポンサーリンク