昨日、ここ神奈川県でも、日中、それほど気温は高くはなりませんでしたが、でも、なんとなく空気中に熱を感じる環境となりました。

火陰エネルギーが日々増加してきていますからね。自然の流れに沿った環境となっているものと考えています。

今日は、前線の活力が高まるようで、気象環境的に不安定さが生じてくる模様。雷の発生なども踏まえて、天候変化に注意が必要な一日となりそうです。

本日2017年9月7日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日も地震活動に変化・変動は無く、目立った動きもありませんでした。全国的に地震発生数も少な目で推移しています。

当然、特別取り上げるべき地震活動などもないのですが・・。

ひとつの傾向として、取り上げておきたいのが”マグマ活動の活性化”です。火陰エネルギーの高まりは、マグマ活動の活力・威力を高めということを、繰り返しお話してきていますが、実際に昨日も富士火山帯周辺及び霧島火山帯周辺でマグマ活動に起因した地震活動が複数発生することとなりました。

*7日00時48分頃 静岡県中部 M2.9 震度1
*7日05時41分頃 鹿児島湾 M2.0 震度1

地震活動としては、規模の小さな動きですからね。まったく気にする必要はないものです。

ただ、マグマ活動の威力が高まってきていることが推察できる要素であり、今後、益々これらの地域で火山活動及び地震活動が促進されていくものと推測しています。

本日(2017年9月7日)の地震活動傾向

今朝は前線がやや北上。全国的に前線の影響が強まる環境となりそうです。地震抑制力も強まるものと推察。昨日同様に本日も地震が表面化しにくい気象環境となるものと思っています。

本日もあまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたいものですね。

先ほども触れましたが、本日も火陰エネルギーは着実に増加していくものと思われます。ゆえに、目立った動きは無くとも、マグマ活動の威力も増加。

*霧島火山帯周辺での火山活動・地震活動
*富士火山帯周辺での地震活動

は、本日も促進傾向を示すものと考えています。そんな流れで推移するということだけでも認識しておいていただければと思います。

地震前兆の有無

地震活動自体が低調な状況ですからね。当然、地震前兆と思える体感を感知することはありませんでした。