関東周辺では、昨日も雨。今朝もシトシトとした雨のお天気となっています。なんだか、梅雨のような環境が続いていますよね。

まあ、これも土年ならではの”バランス制御”の働きかなぁ・・とも思っています。今年は5月~7月にすでに夏日を多く観測。早々と夏の暑さが訪れていました。同時に、梅雨入り宣言はあったものの、関東周辺ではほとんど雨が降りませんでしたからね。

そんな”火エネルギーの早期増大””雨不足”に対するバランス制御の動きが8月になって生じてきたのかもと思っています。

本日2017年8月16日の地震活動傾向!

先日の地震活動状況

昨日は、早朝(夜中)に地震活動が表面化となっていましたが、その後日中は完全に地震活動が抑制された状態に。有感地震は「0」で、微小・小規模地震すらほとんど発生することはありませんでした。

低気圧環境の影響力が強まったことによるものなのかもと思っていますが、抑制力が何によって生じることになったのか、はっきりした要因は見えていません。

ただ、夜になると再び地震活動が表面化の流れと転じてきました。

*16日04時39分頃 伊予灘 M3.9 震度2
*16日00時04分頃 茨城県沖 M3.9 震度3

昨夜以降になると上記のような有感地震も発生しています。有感地震以外にも、微小・小規模地震が複数発生することに。

今朝の時点では、昨日よりもさらに低気圧の影響力が強まっているように思われますので、やはり何が地震抑制力を生じさせていたのか・・。少々謎が残っています。

本日(2017年8月16日)の地震活動傾向

今朝は関東周辺でもシトシトとした雨のお天気。太平洋側の地域では、今日も雨のエリアが多く存在することとなりそうです。

ただ、九州周辺(主に九州北部)では、徐々に天気が回復。晴れ間が見えるようになるかもしれませんね。

ここまでの地震活動の推移と本日の気象環境を考えれば、今日も地震活動に大きな変動が生じることはないものと推測しています。

ただ、ここまですでに地震前兆が生じている地震活動が存在している可能性はありますからね。そんな動きが存在していた時には、気象環境に関わらず地震活動が表面化してくる可能性はあるものです。

現在、経過観察中の地震予測がありますが、一昨日・昨日と地震活動が抑制される形となりました。ゆえに、「二日間」ほど観察期間を延長いたします。

*東京・茨城・埼玉・茨城沖・福島沖周辺
*M4.7~M5.8程度
*11日~17日まで。

上記のような内容といたしますので、よろしくお願いいたします。

体感感覚の有無

昨日も耳鳴り系体感を感知することが出来ました。ただ、その後に下記のような地震活動が発生しており、この地震活動の前兆を感知した可能性があるものと考えています。

*16日00時04分頃 茨城県沖 M3.9 震度3

ゆえに、特別取り上げることなく済ましておきたいと思います。