7月21日頃に発生した台風5号は、8月9日となって、ようやく姿を消すこととなりました。すでに、台風11号まで発生済みなのに、台風5号が存在感を示していたわけですからね。今後は台風の余波に注意が必要となりそうです。

本日2017年8月9日の地震活動傾向!

先日の地震活動状況

台風5号が存在している間、地震活動は抑制傾向となっていました。ただ、昨日夕方頃には、九州周辺では台風の影響が無くなることに。その後、昨夜あたりから、早々に台風の影響として、誘発地震活動が表面化してきています。

*9日05時57分頃 熊本県天草・芦北地方 M3.0 震度2
*9日03時20分頃 鹿児島湾 M2.3 震度1
*9日01時59分頃 鹿児島湾 M2.4 震度1
*9日00時50分頃 宮崎県南部平野部 M2.3 震度1
*8日23時29分頃 鹿児島湾 M2.5 震度1
*8日21時28分頃 熊本県熊本地方 M3.9 震度3

いずれも、ここまで地震エネルギーが存在していた地域(活発な地震活動状況)であり、火エネルギーがとても強い自然環境となっている地域。上記のような小規模地震が噴出してくるのは、想定通りの流れと言えます。

適度に上記程度の地震活動が発生してくれたほうが、地震エネルギーの発散に繋がり好ましいものですからね。

現時点では、特別気になる状況はありませんが、本日、これからの推移には十分注視しておきたいと思っています。

また、後ほども触れますが、昨日”耳鳴り系体感”を感知することが出来ています。ただ、台風エネルギーの影響を受ける状況下でしたので、体感感覚を上手く活用できない状態。ゆえに、ブログ上では具体的な地震予測などは取り上げませんが、そんな体感に関連する動きが早々に表れつつあります。

*8日19時25分頃 茨城県南部 M3.4 震度1

上記の他にも複数の微小・小規模地震が発生しており、やや群発的な地震活動となってきている状況。これから中規模地震へと繋がっていく可能性も念頭に推移を観察しておきたいと思っています。

本日(2017年8月9日)の地震活動傾向

本日は台風が消滅しましたからね・・これから台風の余波(地震活動への影響)が徐々に表面化してくるものと推察しています。

現時点では、まだ地震活動に大きな変化・変動はありませんが、先に記したように「長崎・熊本周辺」「鹿児島周辺」「宮崎沖周辺」などでは、誘発地震活動がすでに表面化してきています。

まずは、これらの動きがさらに拡大していくのかどうかに注視。推移を観察の上、状況を見極めていければと思っています。

台風5号の影響としては、「気圧変動」「台風エネルギーの負荷」がありました。具体的な話(地域など)はメルマガにてお話しております。何か具体的な地震前兆が生じてきた時には、ブログ上でも取り上げていければと思っています。

今日は、自然エネルギー環境的にも台風の置き見上げとして、さらに強い火エネルギーが流入してきています。東京・神奈川県の都心部でも猛暑日どころか・・”38℃超え”の環境となる可能性も予測されています。

まずは、直接的な猛暑の影響に要注意ですね。

その上で、火エネルギーの増大に伴い、マグマ活動及び地震活動も威力を高めていくことが推測されます。「マグマ活動の変動」「地震活動の変動」に注視しておきたいと思っています。

先ほど触れましたが、関東周辺でも地震活動が促進されてきている気配。「埼玉・茨城周辺」にて”揺れる程度”の地震活動は生じてくる可能性があるものと考えておいていだたければと思います。

体感感覚の有無

昨日、耳鳴り系の体感を感知することが出来ました。台風エネルギーの影響があったため、あまりあてにはできないのですが・・関東周辺での地震活動が促進されてきたことを感知したものと考えています。

本日、台風エネルギーは消滅していますので、体感感覚で何か感知できるかどうか・・推移を注視しておきたいと思います。