台風5号の歩みはとても遅いまま。今朝の時点でもまだ四国周辺に位置しています。当初から感じていたように、今後台風5号は日本列島を縦断していく形となりそうですね。大雨・土砂崩れに要注意の週に。

本日2017年8月7日の地震活動傾向!

先週末の地震活動状況

先週末も地震活動は活発な状態で推移しています。ただ、台風5号の直接的な影響が到達するようになるとともに、地震活動に対して、抑制力が働くようになってきています。昨日あたりからは、地震発生数も減少傾向となっています。

地震抑制力が強まる前には、下記のような中規模地震も発生しています。

*4日20時19分頃 西表島付近 M5.3 震度3
*5日07時55分頃 茨城県北部 M4.1 震度3

ただ、いずれの地震も特に気になる要素はなく、今後への影響などもないかと。上記地震が発生以降は、徐々に地震活動が抑制されてきている感じです。

本日(2017年8月7日)の地震活動傾向

現在、台風エネルギーは直接的に関東周辺にも到達しているのが感じられています。本日は、基本的に地震活動は抑制傾向となるものと考えています。地震発生数も少な目で推移するかと。

まあ、今日に関しては、地震活動のことはあまり気にすることなく過ごしておけるものと思っています。

ただ、台風5号が過ぎ去ってからは地震活動の反動に要注意!特に、台風5号の直接的な影響による地震活動の誘発に注視しておきたいと思っています。「台風5号の進路」と「地震エネルギーの変動の有無」がポイントとなりそうですね。

また、繰り返しとなりますが・・。今年の台風の影響として「土砂崩れ」にも要注意となります。台風5号はとても歩みが遅いため、土砂崩れも誘発されやすいものと考えています。

現時点でもまだ、台風は「975hpa」もの威力がありますからね。今は、ここ神奈川では晴れ間のある天気ではありますが、本日夕方以降になると、突然、台風の直接的な影響にて、天気が急変(風雨が強まる)する可能性があるものと考えています。

外出される方は、十分、「台風による風雨」を念頭に準備をしておきましょう。

体感感覚の有無

先週末から今朝にかけて、特別体感にて取り上げるべき要素はありません。