今日から8月が始まります。2017年も早くも8月ですよ・・。夏季節をしっかりと、意識的に楽しむようにしないと、あっ・・という間に秋になってます。きっと(笑)。

本日2017年8月1日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日は地震活動&火山活動に目立った動きは無く、変化・変動を感じさせる要素もありませんでした。

地震活動は、全国的に適度な地震エネルギーの発散が生じている状況で、わりと安定感のある状態(動的な安定)と言えるものと考えています。

太平洋プレートの動きに関連した地震活動に関しても、適度な地震エネルギーの発散が行われている状態。

*31日22時07分頃 宮城県沖 M4.1 震度2
*31日13時20分頃 宮城県沖 M3.7 震度1

ある意味、好ましい状況で推移していると言えそうです。ただ・・ここまでの推移の中(地震活動状況)にて、気がかりな要素はありますので、油断することなく、推移の観察&状況の見極めはしておきたいと思います。

”マグマ活動”に関しても、大きな変化はありませんでした。「霧島火山帯周辺」では、マグマ活動の高まりが継続していますが、変動を感じる状況には至っていないようです。

本日(2017年8月1日)の地震活動傾向

今朝は、東北北部・北海道周辺では低気圧環境となっています。気象環境・自然エネルギー環境共に、地震誘発要因となるものは無い模様。基本的に本日も昨日同様の地震活動傾向にて推移するものと考えています。

まあ、安定感のある地震活動状況ですからね。あまり地震のことは気にすることなく、過ごしておきたい一日です。本日も適度な地震エネルギーの発散が継続するものと思っていますので、”震度2前後”の動きは、あるかと思いますが、その程度の動きは気にする必要がありませんからね。

ただ、この状況はあくまでも短期的なこととなるかと。地震エネルギー自体は、全体的に増加傾向となっているものと感じています。局所的に地震エネルギーがとても多くなっている地域もありますからね。今後、気象環境・自然エネルギー環境が変化したタイミングで地震活動にも変化が生じるものと推察しています。

体感感覚の有無

体感的に、特別取り上げるべき要素はありませんでした。