昨日は、関東周辺でも、夕方以降になると、ようやく本格的な雨降りとなりました。昨夜の雨は、初めて”梅雨”を感じさせてくれる感覚のあるもの。少し、梅雨を身近に感じることができました。

ただ、それもどうやら一時の出来事。今朝は晴れ間が戻っており、今日は気温も上昇傾向となりそうです。

2017年6月19日地震活動&火山活動情報

先週末の地震活動状況

先週末は、地震活動も少し抑制気味と感じる状況がありましたが、昨日夕方以降になると、再び地震活動が表面化傾向へと転じることとなりました。

・プレート活動に伴う地震活動
・マグマ活動に伴う地震活動

共に、活発な状態となっています。

中でも、太平洋プレートは、現在も動きを促進中。昨日は、フィリピン海プレート方向への動きを促進させています。

そんな動きに伴う形で、今朝方、下記のような中規模地震が発生しています。

*19日05時51分頃 福島県中通り M4.4 震度3

ちなみに上記地震は、メルマガ上で経過観察していた地震活動に対応する地震と判断しています。

*房総半島を中心とした円形範囲
(伊豆諸島、埼玉、茨城、福島沖を含む距離感)
*M4.2~M5程度
*16日~20日まで

■対応地震の発生
*19日05時51分頃 福島県中通り M4.4 震度3

内陸部での地震でしたので、規模に応じた”揺れ”を感じる地震となりました。ただ、この地震による今後の影響などはないもの。特に気になる状況もありません。

他に小規模地震ではありますが、下記のような地震も生じてきています。

*19日01時23分頃 栃木県南部 M3.9 震度3

また、重点的に観察中のフィリピン海プレートの動きですが、昨夜も観察対象地域にて、下記のような地震活動が生じることとなりました。

*18日22時33分頃 豊後水道 M3.8 震度2

地震活動自体は、まったく問題の無い動きです。ただ、ここまでの推移として、フィリピン海プレートの動きに関連した地震活動が想定地域にて、表面化してきている状況は、懸念している推測に近づいているもの。今後もしばらく、注視ですね。

本日(2017年6月19日)の地震活動傾向

昨日、雨をもたらした低気圧は現在、関東東海上に位置しており、徐々に遠ざかっています。本日は、これから高気圧環境へと移行していくことに。昨日と比較すると本日は地震が表面化しやすい環境となるものと考えます。

特に、発達した低気圧の影響を受けそうな”太平洋海プレート”の変動に注意。本日は、太平洋プレートの動きに伴う地震活動が複数表面化してくるものと推測しています。

「関東周辺・福島沖周辺」では、揺れる程度の中規模地震なども生じてくる可能性はあるものと念頭にしておいていただければと思います。

また、マグマ活動に関連した地震活動も表面化の流れに。「沖縄・鹿児島~熊本・長崎周辺」では、複数の地震活動(小規模地震が中心)が表面化の流れとなるものと推測しています。

ちょっと、地震が目立つ一日となるかもしれませんね。

体感感覚に関して

体感感覚として、特別取り上げるべきものはありません。