自然災害(大地震など)が発生した時に生じる影響には、3つの段階が存在しています。最初のステップが、「生活物資(食料・水)の入手困難」。セカンドステップが「生活インフラ設備(ガス・電気・給排水)の供給ストップ」。最終段階が「家を離れての避難生活」です。今回は、サードステップの”避難生活”に関するお話です。

自然災害(大地震)への対策・準備は、3つの段階を意識することが大切

先に記しましたが、自然災害が発生した時に、生じる影響(生活状況)には、3つの段階があるものです。

ステップ1.生活物資(食料・水)の入手困難な状況。
ステップ2.生活インフラ設備(ガス・電気・給排水)の供給がストップした状況。
イテップ3.住居を離れて避難生活が必要となる状況。

最初(ステップ1)の段階では、災害発生後も基本的に、そのまま住居内にて通常の生活を営むことが可能な状況となります。ただ、都市部ほど混乱が生じやすく、特に”交通・運輸”に乱れが生じることとなります。それゆえに、数日~数週間ほど生活物資(食料・水など)が入手困難となります。

次(ステップ2)の段階では、電気・ガス・給排水設備のいずれか、もしくはすべての供給(使用)がストップしている状況。そんな状況下で、生活を営むことが出来るような補完対策(準備)が必要となります。

最終(ステップ3)段階においては、住居を離れて生活することになりますので、基本的に”家に備わっている機能””住居内にある物品”は、使用でないものと考えておくことが重要なポイントとなります。

一般的に、防災準備というとステップ3の避難時をイメージしているケースが多いものですが、比率としては、ステップ3には至らずに、ステップ1or2の状況となるケースの方が多いもの。「ステップ1+2」と「ステップ3」とでは、必要となる準備要素が異なりますので、それぞれの状況を念頭にした準備を行う必要があることは忘れないようにしていただければと思います。

*自宅での生活(ステップ1.2)と避難所での生活(ステップ3)のそれぞれの準備をしましょう!

ディフィンドフューチャー

避難生活時に最優先課題となるのが”健康維持”です。

避難生活をすることとなった場合、最優先課題となるのが”健康維持”という要素です。避難生活を想像すると、いろいろと必要と思えるもの(欲しいと思うアイテム)が沢山出てきてしまいやすいものですよね。

ただ、”あったら便利”という感覚で物を揃えていても、大半はあまり役立たなかったりするものです。避難所(車中なども含めて)で生活するわけですから、家から持ち運べる量には限度があるからです。持ち出す準備品は、極力、効果的なアイテムから優先的にチョイス・準備しておきたいものです。

そのための基準してほしいのが『健康維持』という指標。自分や家族の健康維持に繋がるものを優先して、準備品として備えるようにしていただければと思います。

不安な避難生活において、少しでも良質な睡眠を得るために役立つ「車中泊用マットレス」

車中泊用マットレス”健康維持”に繋がる要素にも、いろいろありますからね。地域環境・家族構成などによっても、必要な要素は異なってくるもの思います。

そこで、まずは今回、健康維持に繋がる避難時準備アイテムの選択肢をひとつご紹介したいと思います。それが、こちら(写真)の車中泊用マットレスです。

避難生活時の健康維持要素として、ひとつ重視しておきたいのが”睡眠環境”です。近年、”食事”に関しては、避難所においても、わりと早期に物資が届きます。(もちろん、場所・状況によっては、物資がなかなか整わないこともあります。)

ゆえに、食べ物がないからと体調を崩すことは、ほとんどないのですが・・。体調を崩す大きな要因となるのが”睡眠不足”なんですよね。不安感を有していることや、大勢の人が集っている空間(人の視線が気になるなど)であることが、良質な睡眠を得られない大きな原因と言われています。

そして、もうひとつの要因が「寝床の問題」です。通常、家で使用していた、寝具(敷布団・マットレス)などは、通常、避難所などへなかなか持ち出せないもの。ゆえに、ダンボールを敷いて、その上に寝たり、車の座席で夜を過ごすことが多くなります。

しかし、正直、慣れないダンポール上では、上手く眠ることが出来ないもの。車の座席においては、手足を十分に伸ばすことが出来ないことから、「エコノミークラス症候群」と呼ばれる症状を発症してしまい、命を落としてしまうケースも後を絶ちません。通常状態で車の座席で数日過ごすことは、かなり危険性があるということです。

レジャー時にも快適に活用することが出来る「車中泊専用のマットレス」を車に常備。

車中泊マットレスそこで、おすすめアイテムとなるのが車中泊用マットレスなんですね。

近年、車でのレジャーにおいて、高速道路のサービスエリアや各地の道の駅などに車を停車。車の中で一晩を過ごすというスタイルも増えてきているようです。

写真は、車の中で2枚の車中泊用マットレスを敷いた状況を撮影したもの。一般的な薄いマットレスだと、座席を倒したときの凹凸がわりと大きく、波打つような状態となってしまいます。

でも、こちらの車中泊用マットレスは、厚み10cmの高密度ウレタンフォームを基材として、さらに、空気を入れることで成形されています。座席の凹凸を上手く吸収して、平らな状態を創出することが出来るんですね。もちろん、クッション性も豊かです。

車中泊用マットレス使用していないときは、最初の写真のように、簡単コンパクトに丸めて、車の中に収納しておけるのが最大の特徴となります。この特性とマットレスとしての機能性(クッション、断熱性)が共に、公民館や体育館などのフローリング上でも快適な睡眠環境を継ぐ理に役立つのです。

もちろん、避難エリア(駐車場など)にて、安全・快適に車中で生活(車中泊)することが可能となりますからね。

避難時用の準備品を考えるときに、「普段も使用することが出来る」「普段も使用しつつ、補充を繰り返す」といった要素であるもののほうが、有効なアイテムとなるもの。避難時用に特化させたアイテムは、劣化が激しくなりやすく、肝心な時に使用できないということも少なくありませんので。

ちなみに、普段も持ち運びも可能性で機能性の高い”高反発マットレスパット(上敷きマットレス)”を使用しておいて、避難時に持ち出すという方法もあります。(体に優しい機能性のあるマットレス(ランキング)はこちら。)

ただ、家屋内の損壊(家具が倒れたり、ガラスなどの飛散など)を考えると、車中に常備しておく車中泊専用マットレスのほうが、そのまま避難所へ車で移動する場合もありますので、非常時に有効なものと思います。

*人気の車中泊用マットレスの詳細・購入に関してはこちらの公式HPをご参照ください。

日常的に使用している敷布団・マットレスにも車中泊に活用できるものがあります。

昔ながらの敷布団は、厚みも薄く、支持力も低いため、車中泊に使用するのには不向きとなりますが・・。

近年、主流となりつつある機能性マットレス&敷布団の中には、避難時の車中泊に活用することが出来るものも存在しています。

基本的には、”フローリング床に直置きで活用できる機能性マットレス・敷布団”がそんな対象となります。

フローリング床に直置きで活用できる人気の機能性マットレス&敷布団

ポイントとなるのは、『厚みが7cm以上ある』こと及び『体圧力分散機能を有している』ことです。

車の中は、狭さがあるため、どうしても体への負担が加わりやすいもの。そんな身体への負担を少しでも軽減するために、上記の2要素が重要な役割を担ってくれることとなるのです。

レジャーなどでも車中泊を楽しむのであれば、車中泊専用のマットレスも効果的なアイテムとなるのですが・・そうではないのなら、普段使用している敷布団・マットレスを避難時にも利用できるものとしておくことが有効な対策のひとつとなるのではないでしょうか。

避難計画を方向性だけでも、決めておきましょう。

地震に限らず、想像してみると・・自宅を離れて”数日間”避難しなければいけないという状況は案外存在しているものなんですよね。自然災害以外にも、「近隣での大規模火災」「不発弾処理」「水質汚染(放射性物質など)」など出合う確率は低いものの、要素はいろいろあるものです。

そこで重要になるのは

「避難計画の方向性を決めておくこと」

具体的な避難計画を決めておくのが一番良いのですが、少なくとも、自宅を離れて避難しなければいけなくなったときに、自分(家族)がとるべき行動だけは決めておきたいものです。

1.避難所での避難生活
2.車での避難&車中での避難生活
3.居住地を離れて、他地域での避難生活(宿泊施設や実家・親戚の家など)

具体的には上記3つの方向性があります。

まあ、状況によっては、避難の方向性を選別しなければいけないこともあるかもしれません。

ゆえに、上記避難計画の優先順位を決めておくことは、かならず行っておきたい要素となります。